咥え込んでいたバイブ-2

咥え込んでいたバイブ-2

 

課長は俺におしりを向けてよつんばいになると、自分の手でおまんこに咥え込んでいたバイブを抜き、左右におまんこを拡げてみせた。

 

咥え込んでいたバイブ-2

 

「私のいやらしいおまんこに、勃起ちんぽを挿れてください・・・。」

 

蛍光灯の明かりの下で、サーモンピンクのおまんこが光っているのをみたら、もう我慢なんてできなかった。

 

俺は何もいわずに課長の体にむしゃぶりつき、一気におまんこにちんぽを突き込んだ。

 

余裕なんか全然ない。

 

バイブでずっと刺激されていた課長のおまんこは充分すぎるほど濡れていて、ひくひくと俺のちんぽを締め付けてきて、すごく気持ちよかった。

 

アナルにバイブが挿っているせいで、ものすごく狭いし、膣壁がちんぽに密着してくる。

 

俺はあまりの気持ちよさに、激しく腰を振って快感を貪った。

 

「あっ・・・あふっ・・・すごいぃっ・・・激しっ・・・。」

 

「よがってんじゃねえ、このメス豚が!」

 

俺が与える快感にあえぎ声をあげている課長の髪を達也がつかんで引っ張った。

 

みているだけでも痛そうなのに、課長にとってはそれも悦びらしく、おまんこがさらにきゅうきゅうと締まる。

 

「よかったら、コイツの尻、思いっきり叩いてやってください。もっと締りがよくなりますから。」

 

達也にいわれてよくみると、課長の真っ白な形のいいお尻にはSMプレイでついたらしい痕がたくさん残っていた。
咥え込んでいたバイブ-2

 

アナルに咥え込んだままのバイブを避けて、平手で課長のお尻をぶつと、課長は体をのけぞらせ、ますますちんぽを締め付けてくる。

 

ひくつき、うねり、俺の勃起ちんぽを締め付けてくる課長のおまんこは、今までにヤったどんな女のおまんこよりも気持ちよくて、俺は課長を自由にしている達也がうらやましくなった。

 

お尻をぶっては腰を振っているうちに、射精が堪えきれなくなってくる。

 

「もうっ・・・イきそうだ・・・。」

 

「中出ししていいスよ。どーぞ遠慮なく。」

 

課長に足の指を咥えさせていた達也が、当たり前のように中出しを勧めてくる。

 

フェラチオのように達也の足の指を舐めている課長の姿にも興奮してしまって、俺は暴発みたいに中出しで射精した。

 

咥え込んでいたバイブ-2

 

強烈な気持ちよさを味わった反動で、座り込みたくなるほどの疲労が襲ってくる。

 

課長の方はまだまだ物足りないらしく、俺がちんぽを抜いたおまんこにまた自分でバイブを咥え込んだ。

 

すごく気持ちよかったけど、俺には課長を満足させることはできそうもない。