初アナルバイブに初4Pでいイキまくり

初アナルバイブに初4Pでいイキまくり

私達は男三人、女二人のグループでいつもつるんでいて、大学生活を満喫していた。

 

ユウは彼氏がいるから、私達と遊べないことも多かったけど、私はちやほやされるのが嬉しくて、よく三人と一緒にいた。

 

彼氏にするなら涼太だけど、かわいい彼女がいるし、健太は顔がイマイチ。

 

浩史は無口で何を考えているのかよくわからない。

 

恋愛対象にならない男達との付き合いは、女友達といるよりラクで、私は彼氏ができるまで、このままでいいやなんて思ってた。

 

今日は私のハタチの誕生パーティを浩史のうちで開いてくれた。

 

ユウは彼氏とデートだとかで、プレゼントだけおいて帰っていった。

 

他の三人はブランド品とか本とか、お花とかプレゼントしてくれて、パーティは盛り上がった。

 

おなかもいっぱいになって、まったりしたところで、健太が、

 

「そういえば、ユウのプレゼントってなんだったの?」

 

って私にきいた。

 

そこそこ重くて、ちょっと大きめのプレゼント。

 

私はリボンをほどいて、包装をやぶいた。

 

中からでてきたのはバイブ二本とローター・・・。

 

こんなのおまんこに入るのっていうくらい太いピンクのバイブとやや細めのバイブ、ピンク色の小さなローターがむき出しで入っていた。

 

ごていねいにも、コンドームとローションまでついている。

 

「男がいなくてさみしい体をバイブとローターでなぐさめてね♪」

 

ユウはちょっとしたジョークのつもりでくれたんだろうけど、バイブに呆然として顔をあげたときには、部屋の空気が変わっていた。

 

三人とも目が怖いし、顔が真剣だ。

 

「俺達がそのバイブの使い方、教えてやるよ。」

 

「涼太ったら彼女がいるくせに、冗談でしょ。」

 

私はずるずると後ろに後ずさって、壁にぶつかった。

 

初アナルバイブに初4Pでいイキまくり

 

「誕生日祝いの一環だって。」

 

健太が私の脚をぐいっとひっぱったから、私は床に頭をぶつけそうになった。

 

「危ないだろ。」

 

浩史が私の頭を手で包むように受け止めてくれるが、そのまま両手を押さえられた。

 

「処女じゃないんだし、たまにはいいだろ。」

 

涼太がてきぱきと私のパンティを脱がせる。

 

「へー。真央のおまんこって、キレイだなあ。」

 

健太が感心したようにいいながら、ちょいちょいと指でクリトリスをつついた。

 

初アナルバイブに初4Pでいイキまくり

 

「ダメっ!やめてよ・・・。」

 

「バイブとローターを使うだけだから、強姦じゃないよ。」

 

浩史が冷静な口調でいうのを信じるなら、輪姦されるってわけじゃなさそうだけど・・・。

 

「ちょっとだけ濡れてるけど、ローションつけなきゃ痛いかな。」

 

涼太がとろりとしたローションを私のおまんこにたらす。

 

初アナルバイブに初4Pでいイキまくり

 

冷たくて、ぬるんとした感触が気持ち悪い。

 

 

>>初アナルバイブに初4Pでいイキまくり-2>>