バイブ挿入しながら〜エロ我慢

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

マスターの命令で、私はバイブをおまんこに咥えこんだまま、お客様にコーヒーを運ぶ。

 

パンティをはいているから、バイブを落とす心配はないけど、バイブの先がおまんこの奥にあたったままで、苦しいくらい気持ちがいい。

 

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

 

かたかたと食器を鳴らしながら、どうにかお客様の前にコーヒーを置いた。

 

若くてハンサムなお客様は、私の顔を不思議そうにみている。

 

だって、私、顔が真っ赤でイきそうになってるんだもん。

 

ミニスカの下の太ももはぶるぶると震えてしまってるし、歩くたびに、おまんこがバイブで刺激されて、あえぎ声をがまんするのが難しいくらい。

 

アタマを下げて、カウンターに戻ろうとしたら、マスターがバイブを強にした。

 

「ああっ!」

 

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

 

思わずしゃがみこんで、イってしまった私に、お客様は心配そうな声をかけてくれる。

 

「キミ、大丈夫?」

 

「へ、平気です。ちょっと立ちくらみが・・・。」

 

涙を浮かべて、上目づかいでお客様を見上げて答えると、お客様が前かがみになった。

 

バイブが弱になったので、どうにか立ち上がって、歩くことができる。

 

早くこのお客様、帰ってくれないかな。

 

おまんこで暴れているバイブを抜かれて、マスターのちんぽでがんがんおまんこの奥を突かれたい。

 

お客様はのんびりと読書をしながら、コーヒーを愉しんでいる。

 

私はいらいらしながら、お客様が出て行くのを待った。

 

マスターがごそごそとちんぽを取り出して、唇を舌で舐めてみせた。

 

フェラチオしろっていう合図だ。

 

私はカウンターの中でしゃがみこんで、音を立てないようにマスターのちんぽをフェラチオした。

 

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

 

イかせないように注意しながら、舌でマスターのちんぽを舐めまくる。

 

ああ、早くこのちんぽ、おまんこにほしいよぉ・・・。

 

バイブじゃ、やっぱり物足りない・・・。

 

「すみません。」

 

お客様に呼ばれて、私はよだれで濡れた唇をぬぐって、テーブルに向かった。

 

私の頭の中にはもうおまんこにちんぽを入れられたいってことしかない。

 

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

 

「コーヒーのおかわりください。」

 

空になった食器を下げて、マスターがおかわりをいれるのを待つ。

 

コーヒーを運んで、テーブルに置く私の顔をお客様はまじまじと観察していた。

 

「キミ、なんかすごく色っぽいね。」

 

ノーブラの乳首がメイド服風の衣装をぽっちりと持ち上げているし、太ももだってミニスカだから、かなり露出している。

 

バイブ挿入しながら〜エロ我慢

 

でも、やっぱりずっとイきそうになっている私の表情がエロいんだろうな。

 

私はかろうじてお礼をいうと、お客様の前から立ち去ろうとした。

 

「これ、僕の携帯番号。よかったら連絡して。」

 

エプロンのポケットにメモを入れられた。

 

マスター以上に私の体を気持ちよくしてくれる人なんて、いるはずないのに。

 

 

>>バイブ挿入しながら〜エロ我慢-2>>