電車の中でバイブ入れて

MENU
アダルトグッズのNLS

電車の中でバイブ入れて

つり革につかまっている由美のおまんこには、バイブが入っている。

 

電車に乗る前に、人気のないところで、ハメてやったバイブだ。

 

おまんこにバイブを挿入してやるときにも、恥ずかしがってかなり興奮してるみたいだったけど、今も顔が真っ赤になってる。

 

電車の中でバイブ入れて

 

俺は感じてる由美の顔をみながら、バイブのスイッチを強に入れた。

 

「ひぃっ!」

 

由美のあげた悲鳴は、電車の音にかき消されて、周囲の人にはきこえなかったみたいだ。

 

びくんと体を震わせた後、縮こまるようにして、快感を堪えている由美の内ももを何気なくなでてやったら、涙目で懇願された。

 

「お願い・・・やめて・・・。もうムリ・・・。」

 

しゃがみこみそうにしたので、俺が座っていた席に由美を座らせてやる。

 

座るとますますバイブがおまんこの奥に固定されて、むしろ、さっきよりつらそうだ。

 

電車の中でバイブ入れて

 

電車がごとんと揺れるたびに、唇を噛んでいる。

 

由美があまりにも色っぽい表情をするので、男性客がちらちらと由美を見だした。

 

独占欲の強い俺は、それがムカついて、もう電車を降りることにする。

 

由美の腕をぐいっと引いて、電車を降りると、よたよたしながらついてきた。

 

歩くたびに、バイブが膣壁をこすって、気持ちよくなってしまうのだろう。

 

「もう歩けない・・・。」

 

しゃがみこんでしまった由美をひきずるようにして、ベンチに座らせる。

 

「バイブ抜いて・・・おかしくなりそうなの・・・。」

 

「ここでバイブ抜いてほしいの?それはいくら俺でも、ちょっとためらうな。」

 

人通りが多いし、いつ駅員がくるかわからない。

 

「こんなとこじゃムリ。トイレとか、人に見られないところがいい。」

 

バイブのスイッチを切ってやると、どうにか歩けそうだったので、俺は由美を駅の構内のトイレに連れ込んだ。

 

電車の中でバイブ入れて

 

もちろん、男子トイレの個室にした。

 

女子トイレは俺のリスクが高すぎる。

 

トイレの個室に入ると、安心したのか、由美がため息をつく。

 

「バイブ抜いてほしいんだろ。ドアに手をついて、ケツだせよ。」

 

由美が俺のいう通りにしたとき、ちょうどトイレに人が入ってきた。

 

俺はほくそ笑みながら、バイブの根元をつかみ、ずるっと引き抜いた。

 

「・・・んっ!」

 

声をあげてしまって、あせって口を押さえる由美に、愛液まみれになったバイブを突きつける。

 

俺の意図することがわかったようで、由美は無言でバイブをしゃぶって、キレイにした。

 

電車の中でバイブ入れて

 

時折、ぴちゃっといういやらしい音を立てながら、バイブをキレイに舐めた由美は、物欲しそうな顔で俺を見上げるが無視する。

 

由美がバイブを舐めている間に、トイレにきた人は出て行ったので、俺はうーんっと伸びをしてみせ、

 

「さ、バイブも抜いたし、帰るか。」

 

ドアを開けようとした。

 

 

 

電車の中でバイブ入れて-2>>

 


アダルトグッズのNLS