姉貴のバイブ-2

MENU
アダルトグッズのNLS

姉貴のバイブ-2

 

「あ、ごめん。美月ちゃんはバイブを使ってみたかったんだよね。」

 

翔太くんはパンティの上から、スイッチを入れたバイブをあてがった。

 

さっき私が試したときとは違う振動するような動きがおまんこからカラダの奥へとじんじん響く。

 

少しずつバイブがずらされて、クリトリスの上に来たときには、飛び上がってしまうほど気持ちよかった。

 

姉貴のバイブ-2

 

「やだ・・・あ・・・は・・・。」

 

指でクリトリスをいじってオナニーするときより、はるかに強い快感が私を襲って、思わずあえぎ声を出してしまう。

 

「バイブで感じてる美月ちゃん、かわいいよ。ねえ、おまんこに直接バイブを入れて欲しくない?」

 

「・・・入れて・・・ほしい・・・。」

 

すっかりカラダに火がついてしまった私は、素直に答えてしまった。

 

「パンティ脱がすよ。」

 

姉貴のバイブ-2

 

翔太くんはいそいそと私のパンティを脱がせて、がばっと足を開かせた。

 

「美月ちゃんの濡れ濡れおまんこ、おいしそうだ。」

 

翔太くんはシャワーも浴びていないおまんこをぺろぺろと舌でなぞり始めた。

 

「ダメぇ!汚いよ・・・やめて・・・。」

 

姉貴のバイブ-2

 

翔太くんはぺろりぺろりとワレメを舐めあげるように、おまんこの下の方からクリトリスまで舌で舐めていく。

 

「あっ・・・あっ・・・いやぁ・・・。」

 

翔太くんの舌が気持ちよくて、頭がぼーっとしてくる。

 

「よーく濡らさないと、こんな大きなバイブ、入らないでしょ。」

 

ワレメをやさしくなぞっていた翔太くんの指が膣口からおまんこの奥まで入ってくると、ちょっと痛かったけど、だんだん気持ちよくなってきて、いやらしい声が出てしまう。

 

「あ・・・あん・・・はん。」

 

「あれ、血がでてきたってことは、美月ちゃん処女なの?」

 

「・・・う、うん。」

 

「処女膜をバイブで破っちゃ、もったいないよ。俺のちんぽ入れてもいい?」

 

翔太くんの大きなおちんちんを目の前に出されると、こんな大きなの絶対入らないと思ってしまう。

 

「大きすぎるよ・・・入らないよ・・・。」

 

「なるべくおまんこ広げるから大丈夫。」

 

翔太くんははりきった様子で、私のおまんこに指を入れて、じっくりと広げて、私を何度もイかせてから、おちんちんを挿入した。

 

姉貴のバイブ-2

 

コンドームに包まれたおちんちんがおまんこにぐいーっと入ってくると、今までに経験したことのない痛みとほんのちょっとの気持ちよさを感じた。

 

「大丈夫?痛くない?」

 

翔太くんがなんだかつらそうな表情で私の顔をみつめる。

 

ものすごく真剣な表情をしているから、なんとなく、痛いとかやめてとかいえなくなってしまった。

 

「なんとか・・・。」

 

翔太くんのおちんちんは、じわじわと私のおまんこの奥へと入ってきて、全部入れられたときには、カラダ中が翔太くんのおちんちんでいっぱいになってしまったような気がした。

 

「はぁ・・・美月ちゃんのおまんこ、すげー気持ちいいよ。」

 

うっとりとした口調でため息まじりにいわれると、なんだかすごく嬉しい。

 

翔太くんがおちんちんを動かすと、痛みがだんだん気持ちよさに変わっていって、翔太くんが射精する頃にはイくまではいかなかったけど、かなり気持ちよかった。

 

姉貴のバイブ-2

 

「今度はバイブを入れてあげるね。」

 

帰りがけに満足そうな翔太くんに耳元でささやかれたけど、いまだに何かが入っているような違和感のあるおまんこが回復するまでは、遊びに来られないなあと残念に思った。

おすすめ無料サンプル動画

抜けない放置バイブ 女先輩が媚薬でぴくぴくイキまくり拘束絶頂

 

 

羞恥!彼氏連れ素人娘をマシンバイブでこっそり攻めまくれ!

 

 

黒髪つるぺた美少女パイパン尻穴レズビアン

 


アダルトグッズのNLS