ピンクバイブでひくひくプレイ

ピンクバイブでひくひくプレイ

翼くんが忘れていったかばんの中には、かわいらしいピンク色のバイブが入っていた。

 

大好きな翼くんがどんなものを持っているか、興味が抑え切れなくてかばんを見てしまったけど、バイブが入ってるなんて・・・。

 

翼くんはマジメだし、大人っぽくて、えっちな本とかAVを見てるのも想像できないくらいなのに、バイブだなんて。

 

このバイブを誰に使っているんだろうと思うと、胸が苦しくなる。

 

いいなあ、私も翼くんにこのバイブを使って責められたい。

 

私のおまんこは興奮で濡れてきた。

 

ちゃんとキレイに洗っておけば、一回くらい使ってもバレないよね。

 

私はパンティを脱いで、ベットに横たわった。

 

目を閉じて、翼くんがバイブを入れてくれるのを想像しながら、自分でバイブをおまんこに入れる。

 

ピンクバイブでひくひくプレイ

 

おまんこは濡れていたけど、バイブがちょっと大きすぎて痛い。

 

でも、バイブをおまんこに入れたまま、クリトリスを指でいじると、すごくイイ。

 

だいぶ、バイブの大きさにおまんこが慣れてきたから、スイッチを入れてみた。

 

ヴィイイイィィン。

 

けっこう大きな音がお部屋に響いている。

 

すごい・・・バイブがぶるぶる震えながら、くねくねってうねって、下半身がしびれそう・・・。

 

もうイっちゃう!って思ったとき、携帯が鳴った。

 

ピンクバイブでひくひくプレイ

 

バイブのスイッチを切って、電話に出ると、翼くんだった。

 

「あ、絵里ちゃん。ごめん。俺、かばん忘れたみたいだから、もう一回、行くね。いいかな?」

 

「うん。いいけど、今、どこ?」

 

あせって、きゅっとおまんこをしめちゃって、また気持ちよくなっちゃった。

 

翼くんが来るまでに、おまんこに入れてるこのバイブを洗って、拭いてかばんに戻しておかないと!

 

「もう着くよ。」

 

翼くんがいった途端、ピンポーンとチャイムが鳴った。

 

私はバイブの上から、パンティをはいて、玄関に向かう。

 

どうしよう・・・なんていって謝ろう・・・。

 

泣きそうになりながら、ドアを開けると、翼くんが入ってくる。

 

「あの・・・その・・・とりあえず、私の部屋に来てくれる?」

 

おまんこの中にバイブを入れたままだから、階段を上るのがすごくつらい。

 

バイブの先がおまんこの奥をぐりっぐりってえぐるみたいで、しゃがみこみたくなるほど気持ちよかった。

 

「絵里ちゃん、俺のかばんに入ってたバイブ、使ったでしょ。」

 

私の部屋に入ると、翼くんが私をベットに押し倒して、至近距離でささやいた。

 

 

>>ピンクのバイブでひくひくプレイ-2>>