盗撮に熱中-2

盗撮に熱中-2

 

「脚、伸ばしていいよ?」

 

俺が脚を伸ばすと、姉ちゃんが俺の脚の上にのってきて、抱っこみたいな体勢になった。

 

しかも、俺の勃起ちんぽは、姉ちゃんの股に挟まれている・・・。

 

「うふふ。拓也のおちんぽ、すごくおっきくなったね。子供の頃は、かわいかったのに。」

 

「姉ちゃんだって、おっぱいでかくなっただろ。」

 

盗撮に熱中-2

 

こんな状況で我慢できるはずもなくて、俺は姉ちゃんのおっぱいをわしづかみにして、揉んでしまった。

 

やわらけえ・・・しかも、弾力があって、乳首の感触が気持ちよくて・・・。

 

「あんっ!拓也、乱暴に揉んだら痛いよ・・・。もっとやさしくして?」

 

「やさしくしたら、エロいことしてもいいのかよ?」

 

抑えようと思っても、興奮で息が荒くなり、鼻血が出そうだ。

 

「拓也なら、いいよ。」

 

ささやくような姉ちゃんの声をきいた瞬間、頭の中が真っ白になった。

 

「ちんぽ・・・入れてもいい?もう我慢できないよ・・・。」

 

せっぱつまった声で俺がねだると、姉ちゃんは体勢を変えて、抱き合うような格好になり、膣口に亀頭の先っちょを導いてくれる。

 

盗撮に熱中-2

 

「私、処女だから、ゆっくり入れてね。」

 

姉ちゃんの処女膜を俺のちんぽで破るんだと思うと、嬉しくてつい性急な動きになってしまう。

 

おっぱいを揉み、乳首をいじりながら、ディープキスをして、一気に貫きたくなる気持ちを堪える。

 

処女まんこはめっちゃキツくて、ちょっとちんぽを押し込むのも、めりめりって感じで、すごく痛そうだ。

 

「痛くない?」

 

「拓也のちんぽ、おっきいから、痛いけど・・・、きっとすぐ慣れるよ。もっと奥まで入れて?」

 

姉ちゃんが腰をじりじりと沈めてくる動きにまかせて、俺は射精感を必死で堪えた。

 

狭くてあったかい姉ちゃんのおまんこは、入れただけで気持ちよくて、射精したくてたまらない。

 

やっと奥までちんぽの先端が到達したと思ったら、うっかり暴発してしまった。

 

「ごめん・・・。気持ちよすぎて、出ちゃった。」

 

「うん・・・すごく熱くて、弾けるみたいだった・・・。」

 

俺のちんぽは、一回射精したくらいじゃ、萎えなかったので、中出しした精液を潤滑剤代わりにして、二回戦目に突入した。

 

盗撮に熱中-2

 

ちょっと動かすだけで、ヤバいくらい気持ちいい。

 

姉ちゃんもだんだん、感じるようになってきたらしくて、エロいあえぎ声を漏らす。

 

すっかりのぼせるくらい風呂でセックスした俺達は、体を拭くのもそこそこにベッドに移動して、疲れ果てるまでヤりまくった。

 

盗撮に熱中-2