のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

MENU
アダルトグッズのNLS

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

びくんと体をすくませて、綾香がぎゅっと目を閉じる。

 

「ね。発情期だよ。」

 

「どうしたらいいの?」

 

「大丈夫。俺にまかせて。」

 

はやる気持ちを抑えつつ、綾香の服を脱がせた。

 

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

「ダメ・・・脱がしちゃイヤ・・・。」

 

服を脱がせるだけで、びくびくと感じているくせに、羞恥から綾香は弱々しく抵抗してくる。

 

「裸にならないと、発情期は治まらないんだよ。いいから、じっとしてて。」

 

綾香をパンティ一枚の姿にすると、早くセックスしたくてたまらなくなった。

 

でも、処女なのに、なんの前戯もなしにちんぽを挿入するわけにはいかない。

 

俺も急いで裸になり、勃起して先走りのたれているちんぽを綾香に突き出して、

 

「さあ、俺のちんぽから出る汁を飲んで。そうすれば発情期は治まるはずだから。」

 

フェラチオをせがんだ。

 

「な、舐めればいい?」

 

俺の脚の間に顔を埋めて、綾香が子犬のようにぺろぺろとちんぽを舐める。

 

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

気持ちよくて、すぐに射精したくなった。

 

「咥えて!出すから、こぼさないで飲んでね!」

 

「ぐっ・・・ふっ・・・んんっ!」

 

綾香の頭を押さえつけて、俺は口内発射した。

 

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

口を犯された綾香は、どろりとした飲みにくい精液をなんとかごっくんしている。

 

「はあ・・・はあ・・・どう?体が熱いの治まってきた?」

 

口の端から飲みきれなかった精液をたらしている綾香の唇を親指の腹で拭ったら、綾香が両手で俺の腕にすがりついた。

 

「治まらないの・・・もっと・・・ヒドくなってきたかも・・・。」

 

「それは本格的な発情期だね。パンティを脱いでくれる?おまんこをみて診断しないといけないから。」

 

恥ずかしがってためらっていた綾香だったが、誘淫剤の効果はすさまじく、自分からパンティを脱いだ。

 

「足を開いて・・・うん・・・愛液がすごく溢れてるね。まずはこれをどうにかしないと・・・。」

 

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

パンティまでぐっしょりと濡らしていた愛液を俺はわざと音を立てて舐め啜った。

 

「ひっ・・・やぁんっ・・・ダメっ・・・ああっ・・・。」

 

もうどこを舐めても、綾香は感じてあえぎ声をあげ続ける。

 

「これはもう、ちんぽを挿入して、中で精液を射精するしかないな。」

 

俺が深刻そうな口調でいっても、イきまくって脱力している綾香はもう無抵抗だった。

 

あえて指で拡げなかったおまんこに、ゆっくりと慎重にちんぽを挿入していく。

 

「ああっ・・・はぁんっ・・・ううっ・・・。」

 

処女膜を突き破る感触が亀頭から伝わってくる。

 

のぞき用にしこんだ小型カメラ-2

 

破瓜の痛みよりも快感の方が勝っているらしく、綾香はあえぎ声をあげながら、されるがままになっていた。

 

このままずっとヤりまくって、快感の虜にして、俺の部屋で飼い慣らしてやる。

 

綾香の両足を抱えて、俺は処女を征服した悦びに震えていた。

おすすめ無料サンプル動画

女性専用ネットカフェ盗撮 敏感イキまくりオナニー

 

 

美少女厳選 花火大会仮設トイレハイビジョン高画質3カメ盗撮

 

 

我を忘れて絶叫でイキまくるビデオBOX盗撮オナニー4

 


アダルトグッズのNLS