強制わいせつのぞき-2

MENU
アダルトグッズのNLS

強制わいせつのぞき-2

彼女はゆるゆると唇を開いた。

 

強制わいせつのぞき-2

 

おずおずと開かれた彼女の口に飲み込まれていくマッチョのペニスは、彼女のアゴをはずすんじゃないかと思うくらい彼女の口をめいっぱい広げる。

 

なんとかペニスを咥えた彼女は、途中くらいまできたところで口から出し、ペニス全体を舌で舐めはじめた。

 

せっせとよだれをつけるように舐めて、濡らそうとしている。

 

「ん・・・気持ちいい・・・アンタのももっと広げないとな。」

 

マッチョは彼女を押し倒して、彼女のアソコに顔を埋め、自分のペニスを彼女の口の前においた。

 

舌で彼女のアソコをべろべろと舐めては、ずぼずぼと指を出し入れし、クリトリスをしゃぶったり、指でいじったりしては、愛液があふれたところでアソコに入れる指の本数を増やす。

 

彼女の方も少しでも痛みを減らしたいのか、亀頭をしゃぶったり、サオを舐めまわしたりして、巨根を濡らそうと努力している。

 

マッチョの太くゴツい指が三本入り、クリトリスを振動させるように小刻みに愛撫されると、彼女の体がのけぞった。

 

「んん・・・やだぁ・・・。」

 

「イったみたいだな。じゃ、そろそろ入れるか。」

 

マッチョは彼女をよつんばいにして、後ろからじりじりと巨根をつっこむ。

 

強制わいせつのぞき-2

 

頭を下げて、お尻だけ突き出したいやらしい体勢で、足を開いて大きなペニスを受け入れている彼女は痛みを少しでも減らそうと無抵抗でじっとしている。

 

「キツいな・・・力抜けよ・・・。」

 

マッチョは入れかけた状態で、彼女に声をかけ、クリトリスに手を伸ばした。

 

「あっ・・・。」

 

急に敏感なクリトリスを指で刺激されて、彼女が顔をあげる。

 

「んん・・・う・・・。」

 

後ろから首筋や耳たぶを舐められたり、キスされたりして、彼女はアソコの力を抜いてしまう。

 

ずぶぶぶと大きなペニスが飲み込まれていき、ずっぷりと奥まで咥えこまれた。

 

「・・・入った。ひくひくしてんな。」

 

「ふ・・・ん・・・。」

 

マッチョは腰を動かさずに、後ろから彼女の豊満なおっぱいをわしづかみにして、もみしだいた。

 

強制わいせつのぞき-2

 

乳首を指でつまんで、指をうごかすと、彼女があえぎ声をあげる。

 

「あん・・・やあん・・・。」

 

「すっげえしまる。アンタ、名器かも。」

 

マッチョが少しずつ腰を動かすと、彼女の嬌声は激しくなった。

 

「ああっ・・・すごい・・・太いの・・・奥にあたる・・・。」

 

「キツくて、喰いちぎられそうだ・・・。」

 

マッチョは眉をしかめながら、引き抜いては打ちつけ、引き抜いては打ちつける。

 

やがて、最奥で腰の動きを止めた。

 

「な、なんで・・・?・・・動いてよぉ・・・。」

 

彼女は止まってしまったマッチョを振り返り、泣きそうな声でねだる。

 

「アンタ、すごくイイからさ、コレっきりなのがもったいないんだよな。これからも付き合ってくれるか?」

 

イきそうなところで止められてしまった彼女に理性は残っていないようで、彼女はささやいた。

 

「つ、付き合うから、イかせてぇ・・・。」

 

「・・・忘れんなよ。」

 

強制わいせつのぞき-2

 

マッチョは激しく腰を打ちつけ、すぐに彼女をイかせた。

 

その後、さらにピストン運動を繰り返し、もう一回彼女をイかせたあと、三回目の彼女の絶頂とともに、彼女の中に精子を吐き出した。

 

 

おすすめ無料サンプル動画

女性専用ネットカフェ盗撮 敏感イキまくりオナニー

 

 

美少女厳選 花火大会仮設トイレハイビジョン高画質3カメ盗撮

 

 

我を忘れて絶叫でイキまくるビデオBOX盗撮オナニー4

 


アダルトグッズのNLS