強制わいせつのぞき

強制わいせつのぞき

「や、やめてください!」

 

その声は夜の公園を通りかかっていた俺の足を止めた。

 

「いいじゃねえか。お高く留まってんなよ。」

 

強制わいせつのぞき

 

声のする茂みをのぞいてみると、現場系の筋肉質でたくましい色黒のゴツい男性とほっそりとした知的で上品なスーツ姿の女性がもみ合っていた。

 

「いや!お願い!はなして!」

 

マッチョはムリヤリ彼女にキスをして、悲鳴をふさいだ。

 

「ふ・・・や・・・。」

 

ぐちゅぐちゅと乱暴に舌で彼女の口を犯していたマッチョは、しばらくして唇をはなした。

 

よだれが二人の唇の間を伝って、つうっとたれた。

 

彼女は顔を上気させて、はあはあと荒く息をしているだけで、何もいわなくなった。

 

マッチョは首にかけていた白く汗臭いタオルで、彼女を後ろ手に拘束した。

 

「逆らわなければ、気持ちよくなれるって。」

 

彼女は身をよじっているが、俺の目には本気の抵抗にはみえなかった。

 

マッチョのキスで彼女の体に火がついてしまったのだろうか。

 

マッチョは太くてゴツい指に似合わない繊細な動きで、彼女のシャツのボタンをていねいにはずした。

 

強制わいせつのぞき

 

プロントホックのブラジャーをはずして、白くて大きなおっぱいを外気にさらして、手のひらでおおって撫でまわした。

 

「アンタ、着やせするんだな。でっかくてすべすべのおっぱいだ。」

 

マッチョは乳首を交互にちゅばっと吸い、しゃぶってない方の乳首は指でぐりぐりと愛撫した。

 

「ん・・・や・・・。」

 

乳首を責めながらも、スカートのホックをはずし、ファスナーを下ろし、スカートを器用に脱がした。

 

さらに、ぐいっとパンティストッキングとパンティをまとめて、足首のところまで引きずりおろす。

 

「へえ。ヘアは薄いね。舐めやすくていいよ。」

 

マッチョは力づくで彼女の足を開かせ、アソコを舌で舐めだした。

 

強制わいせつのぞき

 

ちゅぷちゅぷと彼女のアソコからいやらしい音が響きはじめた。

 

「あ・・・ん・・・ふ・・・。」

 

「濡れやすくて感度のいいおまんこだな。」

 

じゅるっとあふれだした愛液をすすって、アソコに節くれだったゴツゴツした指をぐいっと押し込む。

 

「はあん・・・や・・・ん・・・。」

 

「すっげえ・・・キツくて・・・ひくひくしてる・・・早くちんぽ入れてぇ。」

 

ず・・・ず・・・と太い指をアソコに出し入れしながら、乳首をしゃぶり、あいている手でクリトリスを撫でている。

 

「ああ・・・んん・・・。」

 

彼女はもううっとりとしていて、抵抗するどころではないらしい。

 

強制わいせつのぞき

 

マッチョは一本でも太い指を二本に増やし、性急にぐちゅぐちゅと出し入れを繰り返す。

 

「ふ・・・・ん・・・ああっ。」

 

「な、なあ、俺ので痛い思いをしないように、濡らしてくれないか?」

 

マッチョは彼女から手を離すと、ズボンとパンツをおろして、巨大で黒光りする大きなペニスを突き出した。

 

お腹につくくらいびいんと反り返ったペニスは、先っちょからよだれをたらしている。

 

彼女は呆然として、ゆっくりと首をふった。

 

「そ、そんなの・・・入らない・・・ムリ・・・。」

 

マッチョは後ろ手に拘束したままの彼女をヒザ立ちにして、唇にペニスを押し当てた。

 

「大丈夫だって。入れちまえば、たまんなくなるぜ。だから、しゃぶってくれよ。」

 

 

>>強制わいせつのぞき-2>>