残業オフィスを覗いたら喘ぎ声が聞こえて

残業オフィスを覗いたら喘ぎ声が聞こえて

それは一人で残業していたときのことだった。

 

コーヒーでも飲もうかと席を立ち、一休みして戻ると、消したはずの明かりがついていて、人の息づかいがしたのだ。

 

ビル荒らしかと思って、とっさに身を隠した俺は息を殺して、様子をうかがった。

 

ちゅぷ・・・ぶちゅ・・・。

 

どこかできいたことのあるような水音がする。

 

はあはあという荒い息づかい。

 

「ん・・・あん・・・。」

 

これは・・・もしかして・・・声のする方をそっと覗くと、美人でしとやかな憧れの先輩アイさんとうすらハゲ課長がいちゃついていた。

 

残業オフィスを覗いたら

 

俺はショックで目の前が真っ暗になった。

 

きれいなだけでなく、スタイルも性格もとてもよく、やさしくて家庭的で、ひそかにお嫁さんにしたいと思っていたアイさんがよりによってあのうすらハゲ課長と・・・。

 

あの様子からして、ムリヤリ強姦されているんでも、コレがはじめてのえっちでもなさそうだ。

 

「ああ・・・いい・・・。」

 

いつかは俺の下で聞きたいと願っていたアイ先輩のあえぎ声が夜のオフィスに響いている。

 

「もうココは大洪水だよ。びちゃびちゃだ。」

 

課長のいやらしい声がきこえる。

 

机に座って、すらりと長い美しい足を大きく開いたアイ先輩はアソコを俺が夢にまでみていたアソコを薄汚いハゲ課長に舐められている。

 

残業オフィスを覗いたら

 

ぐちゅ・・・ずちゅ・・・ずず・・・。

 

激しい水音はアイ先輩のアソコから流れ出す愛液と課長の汚いよだれの混ざったものだろう。

 

課長はアイ先輩のアソコを舐めたり、しゃぶったり、すすったりしているらしい。

 

ああ、いますぐヤツを殴り倒して、俺がかわってやりたい。

 

「指をいれるよ。」

 

残業オフィスを覗いたら

 

課長はびちゃびちゃに濡れたアイ先輩のアソコに指を入れた。

 

「は・・・あん・・・。課長の指、気持ちいいです・・・。」

 

課長が指を動かすにつれて、ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・という音がきこえる。

 

「アイくんのアソコはおいしそうに、私の指にくいついてくるよ。」

 

「いやぁ・・・恥ずかしい・・・。」

 

アイ先輩はうつむいて、羞恥にふるえていて、俺は机の影で、ぞくぞくするほど萌えた。

 

「ああ、もう一本じゃ足りないみたいだね。中指も入れてあげよう。」

 

じゅぶ・・・じゅぶ・・・とさらに大きな音がきこえ出して、オフィスの中には独特の愛液のニオイが広がった。

 

俺はもうたまらなくなって、ズボンの中からとっくに大きくなっていたペニスを引き出した。

 

「ほら、アソコがおいしそうに指を咥えこんでいるのがみえるだろう?」

 

「はい・・・私のアソコがひくひくして、よだれをたらしてます。」

 

残業オフィスを覗いたら

 

うっとりとした口調ではしたないことをいっているアイ先輩は、普段の彼女からは想像もできない。

 

「ぽっちりとしたかわいいクリトリスも指でいじめてあげようね。」

 

「ええ・・・たくさん・・・いじめてください。」

 

>>残業オフィスを覗いたら-2>>