美熟女4P強姦

MENU
アダルトグッズのNLS

美熟女4P強姦

人通りのないその公園は暗くて静かだった。

 

仕事で遅くなった私は足早に家へと向かっていた。

 

美熟女4P強姦

 

がさ・・・と前の茂みがゆれたかと思うと、スタジャンにジーンズの若い男の子が二人でてきた。

 

にやにやとした笑みが顔に張り付いていて、私は身の危険を感じた。

 

いきなり後ろから手で口をふさがれ、腰に手をまわされた。

 

前にいた男の子たちが両足をもちあげ、茂みの奥に私を運んでいく。

 

足をばたつかせても、手をふりまわしても、効果はなかった。

 

茂みの奥の芝生は街灯で明るく、周りの茂みにさえぎられていた。

 

私を芝生の上におろした男の子たちは、私の手を頭の上でそろえて、ロープでしばった。

 

赤ちゃんのおしめをかえるように、私の足を持ち上げて、パンティストッキングとパンティを脱がす。

 

一緒に靴も脱げてしまった。

 

一人が私のシャツのボタンをはずして、スリップをやぶいた。

 

びりり・・・。

 

ブラジャーはナイフで切られて、ごみになってしまった。

 

「抵抗すると、きれいなお顔にキズがつくよ。」

 

童顔の青年がちょっと離れたところにナイフを突き刺しながら、私に警告する。

 

「脅かすなよ。震えてるじゃん。」

 

たれ目の青年が私の顔をなでながら、笑う。

 

色黒の青年が私のアソコを指でなでた。

 

「全然、ぬれてないな。」

 

たれ目の青年が私にキスしてくる。

 

にゅるっと舌が口の中に入ってきて、私の口の中を蹂躙する。

 

その舌をかんでやりたいけど、ナイフが怖くて抵抗できない。

 

乳首が舐められて、クリトリスも指でいじられている。

 

美熟女4P強姦

 

怖くてイヤなのに、ひさしぶりの愛撫に、体に火がつき始めた。

 

反対側の乳首が指でぐりぐりところがされて、アソコにも舌が侵入してきた。

 

「あふ・・・。」

 

「おねえさん、感度がいいねえ。」

 

私にキスしていたたれ目の青年が嬉しそうにいう。

 

たれ目の青年は、ちゅ・・・ちゅ・・・と軽く唇を合わせて、耳たぶを噛んで、首筋を舐めあげた。

 

「ああ・・・やだぁ・・・。」

 

しゃぶられて舌でころがされている乳首とアソコに入り始めたごつごつした指が私の快楽をムリヤリに引き出す。

 

「せっかくだから、楽しんだ方がいいよ。」

 

たれ目の青年がペニスをジーンズから取り出し、私の口の前に持ってくる。

 

「しゃぶってくれる?」

 

両手でおっぱいをもまれながら、ウエストを舐められていた私は唇を開いた。

 

私の中に入っている指は二本に増えて、膣壁をえぐるように、出たり入ったりしている。

 

ペニスを口に含むと、青臭い先走りの味が広がった。

 

美熟女4P強姦

 

「くぅ・・・。」

 

たれ目の青年が気持ちよさそうなあえぎ声をあげる。

 

私は舌をペニスに絡めた。

 

 

美熟女4P強姦-2 >>

 


アダルトグッズのNLS