2穴プレイで生徒強姦

MENU
アダルトグッズのNLS

2穴プレイで生徒強姦

放課後、いつも口答えする生意気な生徒知佳を生徒指導室に呼び出した。

 

茶髪にピアス、うっすらと化粧をしている知佳は、シャツのボタンを胸がみえそうなくらいに開け、パンティが見えそうなくらいスカートを短くしている。

 

2穴プレイで生徒強姦

 

がちゃりと後ろ手に鍵を閉めると、知佳は不審そうな顔をした。

 

「オマエ、そんなかっこうで、男を誘っているんだろう?」

 

じりじりと知佳に近づくと、知佳は後ろに後ずさりして、窓にぶつかってとまった。

 

「先生、何いってるの?」

 

知佳にぴったりとくっつき、両手をおさえて、痕のつかない拘束具で、後ろ手に固定した。

 

「な、何するのさ?」

 

うるさい口に口輪をはめて、だまらせる。

 

SMでよく使われる穴の開いた白いボールがついた口輪をはめられた知佳は涙目でもごもごいっている。

 

知佳の悲鳴のかわりに、口の端からよだれがたれた。

 

俺はゆっくりとシャツのボタンをはずして、知佳の素肌をむき出しにした。

 

ブラジャーを脱がせ、すべすべのおっぱいを両手でおおう。

 

2穴プレイで生徒強姦

 

手のひらにすっぽりとおさまるおっぱいはやわらくて、あたたかい。

 

知佳は信じられないという顔で首を左右に振っている。

 

「乳首がたってるな。」

 

大きくなった乳首を親指と人差し指でこするように愛撫した。

 

知佳の目のからは涙が流れ出し、頬を伝っていく。

 

その涙を舌で舐めとりながら、スカートを脱がし、パンティを下ろした。

 

靴も脱がされ、はだけられたシャツに腕のところでひっかかっているブラジャー、白いハイソックスだけというかっこうで、後ろ手に拘束された知佳は窓際に立っている。
窓の外のグラウンドからは部活に励む、生徒の声がきこえてくる。

 

「いいかっこうだな。」

 

赤くなった目で俺をにらみつける知佳に抵抗するすべはない。

 

俺は彼女の向きをかえ、おしりを突き出しておじぎをするような姿勢にして、後ろからアソコを舐めた。

 

2穴プレイで生徒強姦

 

ややしめっていたアソコは俺の舌になぞられるたびに、奥のほうから愛液をにじませる。

 

俺はかばんからローションをとりだし、アナルにたっぷりとそそぎこんだ。

 

「ぐ・・・ふ・・・。」

 

お尻の穴にねっとりとしたローションをいれられる違和感に、知佳が悲鳴を上げる。

 

細めのスティックバイブにも、ローションをたらし、知佳のアナルに入れていった。

 

「んんー!」

 

2穴プレイで生徒強姦

 

びくんと体を震わせ、のけぞる知佳にかまわず、ぐいぐいとバイブをつっこんでいく。

 

 

2穴プレイで生徒強姦-2 >>

 


アダルトグッズのNLS