バイブローター処女強姦-2

バイブローター処女強姦-2

優子は唇を固く結んで、首を振った。

 

「このまま、つっこまれると、痛いよ。舐めた方がいいと思うけど。」

 

バイブローター処女強姦-2

 

冷たい口調でいうと、あきらめた優子は口を開いて、バイブを咥えた。

 

アソコに入れた指を出し入れしながら、バイブをしゃぶっている優子の顔を眺めた後、優子の口からバイブを引き抜いた。

 

優子のよだれでぬれているバイブを優子のアソコにあてがい、ゆっくりと中に押し込む。

 

指でならしたとはいっても、まだ狭いアソコはバイブでムリヤリ押し広げられていく。

 

「いや・・・痛い・・・。やめて・・・。」

 

クリトリスを指でなでながら、少しずつ少しずつバイブを進めていく。

 

全部を飲み込んだアソコからは一筋の血が流れて、ふとももを伝った。

 

「やっぱり、処女だったんだね。」

 

優子はくやしそうに涙を流した。

 

俺はバイブのスイッチを入れた。

 

バイブローター処女強姦-2

 

ウイイイインという低い電子音とともに、バイブが優子の中でぐねぐねと暴れだした。

 

「ああ・・・やだ・・・やめてぇ・・・。」

 

体をのけぞらせて、よがりはじめた優子から手をはなし、かばんから小さなピンクローターを出した。

 

優子のクリトリスにあてがい、スイッチを入れる。

 

ブブブブ・・・という音と細かな振動が優子のクリトリスに刺激を与え始めた。

 

「やだ・・・やだ・・・ああっ。」

 

バイブの根元をつかんで、そっと出し入れすると、優子のあえぎ声は激しくなった。

 

じゅぷじゅぷ・・・とアソコからのいやらしい音も大きくなる。

 

バイブローター処女強姦-2

 

「んん・・・はあ・・・あ・・・。」

 

優子の口から、やだという言葉がでなくなったところで、ローターをしまい、ズボンからペニスを出した。

 

「入れないで・・・お願い・・・それだけは・・・。」

 

優子はおびえたように、俺のペニスから目をそらす。

 

俺は優子のアソコから、愛液まみれになったバイブを引き抜き、かばんの中に放り込んだ。

 

片足のヒザの下に手を入れて持ち上げ、アソコにペニスをつける。

 

「やめて・・・そんな大きいの・・・入らないよ・・・。」

 

優子が泣きながら、懇願する。

 

俺はペニスの根元を手で支えて、ずぶずぶと優子のアソコにつっこんだ。

 

バイブローター処女強姦-2

 

狭くてキツい優子のアソコは抵抗しながら、少しずつ俺のペニスを受け入れる。

 

「痛い・・・やめてぇ・・・。」

 

優子の悲鳴をキスでふさいで、ペニスを奥まで押し込んだ。

 

優子の口の中に舌を入れて、優子の舌に絡めたり、歯の裏をくすぐったりしながら、軽く腰を動かす。

 

ちゅぷちゅぷという音がひびいて、俺は気持ちよさに夢中になった。

 

ペニスを引き出しては奥まで入れて、また引き出すという繰り返しをしているうちに、優子の口からあえぎ声がもれはじめた。

 

「は・・・あ・・・ふ・・・。」

 

キスを続けながら、激しく腰を動かしていると、優子のアソコがきゅっとしまり、俺のペニスは優子の中に白くねばついた精液を発射したのだった。

 

引き出したペニスには優子の赤い破瓜の血と俺の白い精液がついていた。