乱交パラダイス

MENU
アダルトグッズのNLS

乱交パラダイス

俺は放課後の部室で、裸の葉月の体を後ろから抱きしめた。

 

乱交パラダイス

 

やわらかくてすべすべの葉月の体はとても抱き心地がいい。

 

ひざの上に乗せて、乳首をくりくりともてあそびながら、首筋を舌で舐めあげた。

 

友也が葉月の前に座って、葉月のアソコを舐め始めた。

 

「あ・・・あん・・・。」

 

葉月はアソコを舐められるのが好きだ。

 

ちょっと舐められただけで、すぐに愛液をあふれさせる。

 

俺は葉月を振り向かせて、舌を絡めた。

 

乱交パラダイス

 

「あふ・・・ん・・・。」

 

ちゅぷちゅぷとどちらの口からもいやらしい音をさせている葉月は力が抜けて、ぐんにゃりとしている。

 

部室の中には、ひざまずいてケンジのペニスを舐めているナルミとそのナルミに後ろからペニスをつっこんでいる秀人がみえる。

 

「なあ、どっちから入れる?」

 

友也が葉月のアソコから口をはなして、俺にきいた。

 

「ん。オマエからでいいよ。」

 

葉月のおっぱいをもみながら答えると、友也はズボンからペニスをひきだした。

 

「葉月ちゃん、舐めて?」

 

葉月は素直に友也のペニスを舐める。

 

乱交パラダイス

 

俺はぐちょぐちょの葉月のアソコに指を入れて、友也のペニスが入っても痛くないようにアソコを緩める。

 

中指を入れてぐりぐりとまわしてひろげて、人差し指を増やしてなじませて、反対の手でクリトリスをツメで軽くひっかくようにする。

 

「あ・・・んん・・・。」

 

友也のペニスを舐めながら、葉月は体をぴくぴくとふるわせる。

 

指が三本入って、スムーズに出し入れできるようになると、友也が、

 

「もういいかな?」

 

と俺にきいた。

 

「たぶんね。」

 

俺が葉月のアソコから指を引き抜くと、友也は葉月の向きを変えて、後ろからペニスを挿入した。

 

乱交パラダイス

 

「あ・・・あん・・・。」

 

葉月は気持ちよさそうに、友也のペニスを受け入れている。

 

俺は葉月の乳首をきゅっとつまんで、入れられている葉月の顔を眺めた。

 

「あいかわらず、キツくて、あついね。」

 

ペニスを根元まで入れ終わった友也は、葉月のウエストをつかみながら、ため息混じりにつぶやく。

 

「俺のしゃぶりたい?」

 

俺は葉月の顔の前に、ペニスをつきだした。」

 

葉月は友也のペニスを入れられながら、俺のペニスをフェラチオしだした。

 

乱交パラダイス

 

ちゅくちゅくとペニスを咥えている葉月は、普段のマジメそうな姿がウソみたいに淫乱にみえる。

 

うるんだ瞳や紅潮した顔、飲み込みきれなかった唾液が口のはしからたれて、おいしいものを食べているかのように夢中でペニスをしゃぶっているところはとてもいやらしい。

 

「動くよー。」

 

友也がゆるゆると腰を動き出すと、葉月の眉が寄せられた。

 

「あ・・・あは・・・。」

 

苦しんでいるかのような表情は、時折もれるあえぎ声で、悦びの表情なのだとわかる。

 

 

乱交パラダイス-2 >>

 


アダルトグッズのNLS