乱交クラブ-2

乱交クラブ-2

ぺろぺろと舐めてくれる亜里沙の舌の動きとそのいやらしい肢体にうっとりとしていると、筋肉ムキムキの青年が近づいてきた。

 

「亜里沙さん、久しぶりですねえ。」

 

青年は亜里沙のパンツをいきなり脱がす。

 

「やだあ。マサトくん、強引なんだから。」

 

やだといいながらも、亜里沙は抵抗しない。

 

ヒザ立ちになっている亜里沙の足をもっと開かせて、青年はアソコを指で愛撫する。

 

乱交クラブ-2

 

「新人君のペニスをフェラチオして、感じちゃってるんですか?ぐちゅぐちゅですよ。」

 

亜里沙にしゃぶられながら、亜里沙がアソコを指でいじられているのをみるのは不思議な感じだ。

 

「彼のペニスは大きくて固そうだから、早く咥え込みたくて、仕方なかったんでしょう?」

 

青年は指をアソコに入れて、出し入れしながら、反対の手でクリトリスをいじっている。

 

「ふ・・・あ・・・。」

 

亜里沙は手と口で俺のペニスをしごいてくれるが、青年の愛撫にすごく感じていて、集中できていないのがよくわかる。

 

「君、あぐらをかいてもらえる?」

 

青年にいわれて、あぐらをかくと、彼は亜里沙をよつんばいにさせて、後ろからアソコを舐め始めた。

 

乱交クラブ-2

 

亜里沙はアソコを青年に舐められながらも、俺のペニスをしゃぶって、快感を与えてくれる。

 

俺は亜里沙のおっぱいに手をのばして、さわさわとなでまわした。

 

「あ・・・やだ・・・イっちゃう・・・。」

 

乳首をいじっていると、亜里沙は俺のを手でしごきながら、体をふるわせた。

 

青年が指を出し入れしているアソコがぐちゅぐちゅという音をたてている。

 

「一回、イったところで、彼のペニスを入れてもらったら?」

 

青年は亜里沙を抱きかかえて、あぐらをかいている俺のペニスの上にゆっくりとおろした。

 

十分ほぐされていた亜里沙のアソコは、俺のペニスを楽に飲み込んでいく。

 

乱交クラブ-2

 

ずっぷりと全部入ると、青年は亜里沙の体をもちあげて、抜いてしまった。

 

「あ・・・あん・・・。」

 

その刺激で、亜里沙は嬌声をあげる。

 

「ごめん、ゴムつけてなかったよね。」

 

青年に渡されたゴムをつけおわると、青年は笑いながら、亜里沙にいった。

 

「亜里沙さん、ご自分でどうぞ。」

 

亜里沙は自分で俺のペニスをもって、アソコに入れていった。

 

「すごい・・・気持ちいいの・・・。」

 

自分から腰を振り、快楽を追っている亜里沙の前に青年が立ち、大きくなっているペニスを亜里沙の顔の前に突き出した。

 

「俺のも舐めてくださいよ。」

 

乱交クラブ-2

 

亜里沙は青年のペニスをしゃぶりながら、自分の気持ちのいいように腰を揺らめかせる。

 

俺も後ろからつきあげながら、ゴムの中に、精を吐き出した。