乱交クラブ

乱交クラブ

俺が乱交クラブのゲストとして招待されるまでには、かなりの苦労があった。

 

性病にかかっていないという医師の診断書に、ゴムをつけるという誓約書、身分証明書のコピーまで提出させられて、やっと参加をゆるされたのだった。

 

その乱交クラブの会場は超高級マンションの一室で、普段なら話す機会もないような人たちが集まっていて、控え室でお酒を飲んだり、歓談したりして休憩し、プレイルームというフローリングの部屋で乱交する。

 

年齢層は熟女という感じの色っぽいむちむちした女性から、知的な感じのスレンダーなOL風の女性、高校生かと思うような幼い感じの少女まで、各種取り揃えといった感じだ。

 

乱交クラブ

 

とりあえず、俺が逆立ちしたって、ベットインできないようなハイクォリティなのは間違いない。

 

期待と緊張でわけがわからなくなってる俺に、主催者の男性が微笑みながらいった。

 

「最初は緊張でできない人も多いので、見学しつつ、できるようならするというくらいの方がいいですよ。普通、人前でセックスすることなんてありませんからね。」

 

プレイルームと控え室はカーテンで仕切られているだけなので、あえぎ声やぱんぱんという音がきこえてくる。

 

「あ、新しい人ね。はじめまして。」

 

知的でスレンダーな感じのOLがパンティだけの姿で通りかかった。

 

おっぱいは大きく、ウエストがきゅっとくびれていて、すらっとした足がまぶしい。

 

乱交クラブ

 

フレームレスのメガネで、髪をまとめているところも、そそられる。

 

「こ、こんにちは。まことです。」

 

あわててあいさつすると、知的美女は、

 

「亜里沙っていいます。よろしくね。」

 

にこやかにこたえてくれる。

 

主催者の男性は、亜里沙のおっぱいをいきなりわしづかみにして、乳首を指でいじりだした。

 

「あいかわらず、いいおっぱいしてるね。」

 

乱交クラブ

 

「ん・・・もう・・・セクハラオヤジみたいですよ!」

 

亜里沙は主催者の男性をちょっとにらむようにするが、抵抗はしない。

 

「亜里沙ちゃん、まことくんをお願いできるかな。」

 

主催者の男性はおっぱいをいじったまま、亜里沙の耳をべろべろとなめ、ついでのようにきいた。

 

「は・・・ん・・・いいですよ。」

 

亜里沙がそう答えると、主催者の男性はぱっと亜里沙から離れ、俺の肩をぽんとたたいた。

 

「じゃ、楽しんでいってね。」

 

亜里沙はパンツだけの俺をプレイルームに連れて行った。

 

そこにひろがっていたのはAVのような光景だった。

 

かわいい顔の少女がおじさんのペニスをフェラチオしながら、正常位で別のおじさんに入れられている。

 

乱交クラブ

 

色っぽい熟女は筋肉ムキムキの青年に後ろからぱんぱんと犯されて、あられもない声をあげている。

 

「すごーい。かちかちだね。」

 

呆然としていた俺のペニスをパンツの上から、亜里沙がにぎった。

 

「ん・・・。」

 

さわさわとなでられるだけで、俺のペニスは先走りをにじませている。

 

「脱がしちゃってもいい?」

 

俺がうなずくと、亜里沙は俺のペニスの前にヒザをついて、パンツをおろした。

 

「わあ!まことくんのステキだね。」

 

むきだしになった俺のペニスは完全にそりかえっていて、先走りで濡れている。

 

亜里沙は俺のペニスの根元に手をそえて、下かられろーっと舐めあげた。

 

乱交クラブ

 

「あっ・・・。」

 

こんな美人に会ったばかりでフェラチオされるなんて夢のようだ。

 

 

>>乱交クラブ-2 >>