オナニーするくらい欲求不満-2

オナニーするくらい欲求不満-2

お兄ちゃんのちんぽを握って、緩く手コキしながら、私はおまんこにちんぽがほしくてたまらなくなっていた。

 

「なあ、シックスナインするか?」

 

手コキだけじゃじれったくなったらしいお兄ちゃんが、私の体を跨いで、シックスナインの体勢になった。

 

目の前に突き出された勃起ちんぽは、赤黒くていやらしく光ってて、蒸れたような臭いニオイがしてる。

 

オナニーするくらい欲求不満-2

 

口を大きく開けて、ゆっくりと口の中に含んだら、おまんこをクンニしてたお兄ちゃんが気持ちよさそうなうなり声をあげた。

 

お兄ちゃんのクンニもすごく気持ちよくて、手と舌のコンビネーションがたまんない。

 

おまんこの中を指でかき混ぜられながら、クリトリスを舐められているうちに、イってしまった。

 

「やっ・・・もうイくよぉっ・・・ああっ・・・はあっ・・・。」

 

イってるのに、さらに激しく愛撫されて、気持ちよさで内ももががくがくと震える。

 

オナニーするくらい欲求不満-2

 

ようやくおまんこの収縮がおちついたところで、お兄ちゃんが指を抜いた。

 

「これで少しは欲求不満、解消できただろ?」

 

「えっ、でも、お兄ちゃんはまだ・・・。」

 

がちがちに勃起したままのちんぽは、射精しないと治まらないと思うのに、お兄ちゃんはあっさりと、

 

「自分の部屋でオナニーするから、大丈夫。」

 

立ち上がる。

 

「私、フェラチオしてあげるよ。お兄ちゃんのクンニ、気持ちよかったし。」

 

ホントは、フェラチオじゃなくて、おまんこに入れていいよっていいたかったけど、かろうじて我慢したのに。

 

「いや、いいわ。止まんなくなりそうだから。」

 

お兄ちゃんは照れくさそうに拒否ってきた。

 

「だったら、しようよ・・・。ちゃんとコンドームつければいいでしょ・・・。」

 

さっき一度イったのが、かえって私の欲求不満に火をつけてしまったみたいで、気がついたら、自分から近親相姦を誘っていた。

 

私が渡したコンドームをお兄ちゃんは無言で装着して、先っちょを膣口にあてがってくる。

 

「いくぞ。ホントにいいんだな?」

 

オナニーするくらい欲求不満-2

 

頷く私のおまんこをお兄ちゃんは一気に貫いた。

 

モトカレより大きなちんぽが私のおまんこを一杯にして、おまんこの奥をずんずん突く。

 

「ああっ・・・いいっ・・・おっきいよっ・・・もっとぉっ・・・。」

 

お兄ちゃんがちんぽを動かすたびに、私はよがりまくり、久々のちんぽを思いっきり満喫した。

 

二人とも満足した後、近親相姦した罪悪感がこみ上げてきて、私は慌てて新しい彼氏を作ったけど、正直、お兄ちゃんの方がずっとセックスが上手い。

 

でも、癖になっちゃうとマズいし・・・、もうお兄ちゃんにオナニーを手伝ってもらうわけにはいかないよね。