初体験少女オナニー

初体験少女オナニー

「由香里ちゃんは、オナニーって知ってる?」

 

一緒にお留守番していた信吾お兄ちゃんにきかれて、あたしは首をかしげた。

 

「おなにーってなあに?」

 

ききかえすと、信吾お兄ちゃんはなんだかとっても嬉しそうな顔をした。

 

「すごーく気持ちのいいことだよ。でも、ふたりだけの秘密にしなくちゃダメなんだ。」

 

あたしは気持ちがいいってことよりも、信吾お兄ちゃんとのふたりだけの秘密っていう方にワクワクした。

 

「ちゃんと内緒にするから、由香里に教えて!」

 

信吾お兄ちゃんは、あたしの服をていねいに脱がせた。

 

信吾お兄ちゃんのことは大好きだけど、裸になるのは恥ずかしい。

 

あたしは思わず、パンツをおろそうとする信吾お兄ちゃんの手をおさえてしまった。

 

「イヤ?」

 

信吾お兄ちゃんに、顔をのぞきこむようにしてきかれると、あたしは真っ赤になってしまった。

 

「・・・恥ずかしいの・・・。」

 

信吾お兄ちゃんはちゅっとキスしてくれた。

 

キスはこの間のお留守番のときに教わった。

 

唇がやわらかくて、気持ちいい。

 

「かわいいよ。」

 

あたしのパンツはおろされて、足首から抜かれた。

 

初体験少女オナニー

 

信吾お兄ちゃんは裸になったあたしに、ベットに腰かけるようにいった。

 

「足、開くよ。」

 

信吾お兄ちゃんは、あたしの足の間に座り、ヒザの内側に手を入れて、やさしく開いた。

 

「由香里ちゃんは、自分のココ、みたことある?」

 

信吾お兄ちゃんの指があたしのアソコをそっとなでた。

 

「ん・・・ない・・・。」

 

ちょっと気持ちよくて、目をつぶってしまった。

 

信吾お兄ちゃんは、あたしを後ろから抱きかかえて、大きな手鏡をとりだした。

 

「ほら、みてごらん。」

 

あたしの足の間の手鏡には、なんだか貝みたいなひだひだのついた濃いピンクのものが映っていた。

 

初体験少女オナニー

 

「由香里ちゃんのアソコ、キレイでかわいいよね。」

 

信吾お兄ちゃんはあたしのアソコのひだひだに指をあてて、そっと開いた。

 

ひだひだの奥に小さな穴がみえた。

 

「ここのボタンみたいなのをクリトリスっていうんだ。」

 

信吾お兄ちゃんは人差し指で、ひだひだの上の方にあるちいさな粒をさわった。

 

そのまま、くりくりとうごかされると、じんわりとした気持ちよさが広がった。

 

「ん・・・なんかヘンな感じ。」

 

「自分でさわってごらん。」

 

初体験少女オナニー

 

いわれたとおり、自分でクリトリスをさわってみたけど、信吾お兄ちゃんにさわられたときほど、気持ちよくなかった。

 

「気持ちよくなる触り方があると思うよ。」

 

信吾お兄ちゃんが耳元でささやくと、くすぐったくて、ぞくぞくする。

 

 

>>初体験少女オナニー2>>