確実にイけるオナニーの方が好き

オナニーの方が好き

オナニーしてたら、いきなりお兄ちゃんが私のお部屋に入ってきた。

 

おうちに誰もいないと思ってた私は、すっ裸で思いっきり脚を開いて、中指をおまんこに入れて動かしてた。

 

一目でオナニー真っ最中って、バレバレ・・・。

 

オナニーの方が好き

 

「美樹・・・せっかくの休日にオナニーなんかして、欲求不満なのか?」

 

お兄ちゃんはオナニーをみられて、恥ずかしさのあまり硬直している私を哀れむような目でみた。

 

まるでかわいそうってかいてあるようなお兄ちゃんの表情に、カッチーンときた私は、オナニーをみられた上に哀れまれたリベンジをすることにした。

 

「そう・・・欲求不満なの・・・。だって、私、まだ処女なんだもん。」

 

初体験はとっくにすませたけど、処女がオナニーしてるっていう方がいやらしいような気がして、ウソをついてやった。

 

「マジで!?俺に似てかわいいのに、二十歳すぎても処女なんて信じられないな・・・。」

 

うん、だって、処女じゃないし!

 

でも、男の人とセックスしても、あんまり気持ちよくなくて、確実にイけるオナニーの方が好きなんだよねー。

 

何気にお兄ちゃんの股間をみたら、私のオナニーをみて勃起したのか、こんもりと盛り上がっていた。

 

「お兄ちゃんも興奮して、おちんぽ大きくなっちゃったの?」

 

体を起こして、ズボンの上から勃起ちんぽをまさぐってやったら、お兄ちゃんってば、びくっとして前屈みになったの。

 

そろそろ気がすんだし、からかうのをやめようかなって思ってたのに、興奮したお兄ちゃんが私に覆いかぶさってきた。

 

いくらお兄ちゃんがかっこよくても、近親相姦とかキモいし、どけようとしたんだけど、やっぱ男の力には敵わなくて、オナニーの途中でびちゃびちゃに濡れていたおまんこを指でいじられちゃった。

 

オナニーの方が好き

 

「やだっ・・・これじゃ近親相姦だよぉ・・・。」

 

「ちょっと美樹のオナニーを手伝ってやるだけだって。」

 

モテるだけあって、お兄ちゃんの指テクは今までセックスした男達とは比べ物になんなかった。

 

すっごいやさしい感じで、クリトリスとかワレメをいじられると、オナニーより全然よくて、私はめっちゃ感じてしまった。

 

「ちっちゃい頃はぺったんこだったのに、今じゃすっかり巨乳だよなあ。」

 

お兄ちゃんが私のおっぱいを両手でやわらかくもんで、乳首を吸った。

 

乳首を口に含んだまま、舌先で転がすように舐められると、気持ちよさであえぎ声が出てしまいそうになる。

 

オナニーの方が好き

 

「舐めるのはズルいよ・・・もう一人でオナニーするから、私の部屋から出てって!」

 

「オナニーなんかより、ずっと気持ちよくしてやるって。」

 

 

オナニーの方が好き2へ続く→