野外露出でスワッピング

MENU
アダルトグッズのNLS

野外露出でスワッピング

野外露出でスワッピングしながら、私は今まで感じたことのない快感に夢中になっていた。

 

気持ち悪いと軽蔑していた隣のダンナさんのぶっといちんぽが、もう30分近く、私のおまんこを責め続けている。
野外露出でスワッピング

 

てらてらとハゲた頭も、いやらしいヒゲも、もう全く気にならなくなった。

 

私の快感を的確に引き出してくれる器用な指先と、タフでステキなちんぽでイかされまくると、体が勝手にダンナさんの虜になってしまって。

 

キスされても、私の方から積極的に舌を絡めてしまうくらい。

 

最初に、野外露出でスワッピングしようと、私以外の三人がいい出したときには、どうやって逃げ出そうと思っていたけど。

 

野外露出だっていう開放感と、自分のパートナーが他の相手とセックスしているという興奮、なにより、このダンナさんのすばらしいセックスが、もうたまらない・・・。

 

「ダンナさんがうらやましいですよ。吸い付いてくるような肌に、しまりのいいおまんこ・・・。ずーっとこうして、繋がっていたいくらいだ。」

 

最近、夫とはセックスレスだったから、使ってなかったおまんこがキツくなっていただけだと思うけど、褒められると嬉しくなった。

 

夫はといえば、美人の奥さんを相手に、やたらハッスルしているけど、早漏すぎてあんまり満足させられてないみたい。

 

バイブとかローターを使って、がんばってる割には、奥さんはそんなに気持ちよさそうじゃない。

 

野外露出でスワッピング

 

鈍感な夫だから、奥さんの感じてる演技にだまされているんだろうな。

 

私は隣の奥さんに申し訳なく思うと同時に、こんなにたくましくてステキなダンナさんが羨ましくなった。

 

「奥さんと二人っきりでもっと愉しんでいたいのですが、妻がもう限界みたいなので、合流させてください。」

 

私が頷くと、ダンナさんは私の脚を持ち上げて、おまんこにちんぽを挿入したまま、歩き出した。

 

歩くたびに、振動がおまんこに響いて、おしっこが漏れちゃいそうなくらい気持ちいい。

 

「さあ、今度はちょっと趣向を変えて、パートナーをチェンジしましょう。うちの妻はどちらかというとレズでして、いつも奥さんとセックスしたいといっていたんですよ。」

 

アナルにバイブを入れたままの奥さんが、私に近づいてきて、そっと抱きついてきた。

 

やわらかな感触が気持ちよくて、つい、私もされるがままになってしまう。

 

「私、ずっと優子さんのこと、かわいがってあげたかったの。」

 

キスされて、舌がにゅるりと口の中に入ってきた。

 

野外露出でスワッピング

 

乳首も細い指でこりこりと弄られていて、おまんこの中にもするんと指が侵入した。

 

女同士だから感じるツボがわかるのか、腰が抜けそうになるくらい気持ちよくて、太ももがぶるぶると震える。

 

「敏感でかわいいわ。食べちゃいたい。あそこのテーブルに行きましょ。」

 

テーブルの上にのせられて、体中を食べられた。

 

舐められて、すすられて、しゃぶられて、何度もイってしまう。

 

野外露出でスワッピング

 

「きれいなアナルにローター入れましょうね。」

 

アナルを舐めて、指でくにくにと弄られた後、ローターを押し込まれて、スイッチを入れさせられた。

 

 

野外露出でスワッピング-2>>

 

 


アダルトグッズのNLS