白い着物の巫女さんとエッチ-2

MENU
アダルトグッズのNLS

白い着物の巫女さんとエッチ-2

俺は乱暴にパンティを脱がせて、ベットの下に放った。

 

ぐいっと両足を大きく開くと、江里子の両手がアソコをかくす。

 

白い着物の袖がいつもの江里子じゃないみたいで、とてもいい。

 

江里子の指のすきまから、ちろちろとアソコを舐めると、押さえている江里子の指のガードはどんどんゆるくなる。

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2

 

アナルを舐めたり、アナル側からクリトリス側にじわじわと舐めすすめていくと、江里子の手からは力が抜けてしまった。

 

「はい、足を持っててね。」

 

江里子の手を江里子のヒザの下において支えさせると、まるで自分からアソコを見せびらかせている淫乱な巫女みたいにみえる。

 

俺はがらあきになったアソコをべろべろとアナルからクリトリスまでゆっくりと舐め上げ、ちゅっとクリトリスをしゃぶった。

 

両手でアソコをひろげて、中の方まで舌を入れると、江里子の太ももが快楽でふるえた。

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2

 

「ああ・・・はあ・・・。」

 

指の腹を上にして、中指を挿入すると、江里子の中はきゅっとしまった。

 

あまりしめつけられると動きづらいので、舌でクリトリスをぺろぺろと舐める。

 

「あん・・・ああ・・・。」

 

奥まで入れた中指をまた入り口付近まで引き出し、また奥に入れて、愛液をかきだす。

 

くちゅくちゅとアソコがいやらしい音を立て始めたところで、人差し指も追加し、アソコの奥で指を回したり、指先だけ動かしたりして、江里子のアソコをひろげる。

 

「んん・・・やあん・・・。」

 

江里子のアソコの最奥で指をバイブのように小刻みにふるわせ、クリトリスをちゅうっと吸うと、江里子のアソコがぎゅうと俺の指をしめつけ、江里子がのけぞった。

 

「イっちゃったの?」

 

江里子にきくと、恥ずかしそうに小声でこたえる。

 

「うん・・・。気持ちよかったの・・・。」

 

「もう入れてもいいかな?」

 

はちきれんばかりのペニスでワレメをなぞると、

 

「入れて・・・。」

 

と江里子がささやくので、ぐぐっとペニスを膣口から奥へ進めた。

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2

 

慣らしが足りなかったのか、アソコをめりめりという押し広げている感じがいつもより強かった。

 

「痛くない?」

 

「・・・大丈夫。」

 

口調からしてガマンしているっぽかったので、侵入を中止し、ペニスを入れかけたまま、クリトリスを指で愛撫した。

 

「ん・・・あっ・・・。」

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2

 

力が抜けたところをみはからって、ペニスをじわじわとアソコの奥へ押していく。

 

「ふ・・・ああ・・・。」

 

ようやく全部を入れ終え、中のわななきをペニスで味わう。

 

ペニスを入れたまま、江里子の足を顔の横につくかと思うくらいにもちあげる。

 

白い足袋とはだけた白い着物からむきだしになっている大きなおっぱいが俺のペニスをさらに硬くする。

 

「ああっ・・・んん・・・。」

 

足の位置を変えたことでペニスがいいところにあたったらしく、江里子があえぎ声をもらす。

 

ぐっぐっと腰を打ち付けて、奥へもっと奥へとペニスを届かせようと押し込む。

 

「ああん・・・気持ちいいよぉ・・・。」

 

じりじりと引き抜き、じれったくなるほどののんびりとした速度でまた中に入れる。

 

引き抜かれるときには引き止めるように絡みつく江里子の秘肉は、押し込むときには受け入れるように抵抗をなくす。

 

「すごい・・・もうイきそう。」

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2

 

「イっていいよ。」

 

そういいながら、小刻みのピストン運動を繰り返し、江里子の絶頂とともに、俺も精を放出したのだった。

 

おすすめ無料サンプル動画

うしじまいい肉プロデュース アイドル原石 宅コスレイヤー 土屋あさみ

 

 

小悪魔メイドに顔騎クンニを強要されオマ○コにしゃぶりつく僕。突然、彼女は僕のビンビン勃起チ○ポをしごき、聖水オシッコをかけてきて辛抱たまらず大暴発!!

 

 

つぼみのコスプレ大全集 8時間

 


アダルトグッズのNLS