復讐のアナルレイプ-2

MENU
アダルトグッズのNLS

復讐のアナルレイプ-2

軽蔑していた男の前で、脱糞させられるという屈辱で呆然としている早紀子をつれてお風呂場に行き、アソコに入れっぱなしだったバイブを抜くと、大量の愛液があふれだした。

 

「こっちも洪水だな。」

 

冷やかすようにいっても、抵抗する気力もなくなったらしい。

 

猿ぐつわと後ろ手の手枷をしたまま、下半身にシャワーをかけ、アナルに指を入れて、中をていねいに洗う。

 

早紀子はされるがままで、バスタオルで拭かれて、ベットに連れて行かれるときも従順だった。

 

キレイになったアナルにローションをたっぷりとつけた細めのバイブを入れて、ゆっくりと出し入れする。

 

うつぶせにされて、お尻だけを高く突き上げたかっこうの早紀子は気持ちよさにお尻を左右に振る。

 

猿ぐつわをとっても、その口から出てくるのはあえぎ声だけだった。

 

アナルから細めのバイブを抜くと、もっと太いバイブを入れてやる。

 

復讐のアナルレイプ-2

 

アナルの中でバイブが左右に首を振るたびに、早紀子の嬌声が響く。

 

「あ・・・はあ・・・やだぁ・・・。」

 

「アナルが感じる淫乱だって、教えてくれたら、ちゃんとアナルを中心に攻めてあげたのに。」

 

「ちが・・・うん・・・あっ・・・。」

 

「素直にほしいっていわないと、やめちゃうよ?」

 

俺がバイブをアナルから抜くと、お尻を高くあげた体制のまま、早紀子は物足りなげに俺をみつめる。

 

「ちゃんとおねだりできないと、朝までそのままだよ?」

 

誘淫剤がきいている早紀子は中途半端な状態で放置されているこの状態に耐えられなかったらしい。

 

「お・・・ねがい・・・イかせてぇ・・・。」

 

「俺、バカだから、早紀子がどうしたらイけるか、わかんないや。教えてくれない?」

 

空々しくとぼけてみせると、うつむいた早紀子は、

 

「アナタのペニスを私のアソコに入れて・・・。」

 

と小声でいった。

 

俺は早紀子を押し倒すと、ローションまみれにしたペニスをアナルに入れた。

 

復讐のアナルレイプ-2

 

「いや・・・そこは違う・・・。」

 

「でも、ひくひくして、歓迎してくれてるぜ。」

 

じわじわと奥まで入れ込み、また引き抜く。

 

何度も繰り返すうちに、早紀子もよくなってきたらしい。

 

「やだぁ・・・ヘンな感じ・・・はあ・・・あん・・・。」

 

激しい抽送を繰り返しているうちに、早紀子の腸壁がきゅうっとしまり、早紀子がイったのがわかった。

 

「イったか?」

 

ときくと、こくこくとうなづく。

 

俺はさらに激しくピストン運動をして、早紀子のアナルに精液を吐き出した。

 

復讐のアナルレイプ-2

 

こうして、俺の復讐は完遂されたのだった。

 

おすすめ無料サンプル動画

完全人格否定 〜潮吹きアナル調教〜

 

 

アナル拡張術

 

 

超接写!! ズボズボ! アナルアクメ5

 


アダルトグッズのNLS