メガネの女子大生はアナル好き

MENU
アダルトグッズのNLS

メガネの女子大生はアナル好き

出会い系で出会った女子大生の久美はマジメそうで、地味めだった。

 

でも、メガネをかけた顔はよくみると整っていて、白いシャツを押し上げているおっぱいはなかなか派手な感じだ。

 

「こんなおじさんでよければ、これからどうかな?」

 

食事の後で誘ってみると、久美は意外とあっさりラブホテルについてきた。

 

ホテルの部屋に入り、服を脱がせてみれば、着やせするタイプだったらしく、グラビア久美ドル並みの肢体があらわれた。

 

メガネの女子大生はアナル好き

 

野暮ったく束ねている髪をほどかせると、メガネ美女といった魅力的な女性に変身した。

 

後ろから抱きしめ、おっぱいを両手でわしづかみにしながら、

 

「男がよってこないように、普段は変装してるの?」

 

と耳元でささやくと、くすぐったいのか、体をよじりながら、

 

「だって、普通の男の人には、私の趣味ってわかってもらえないから・・・。」

 

と答える。

 

「そうだね。どっちの君の姿からも、とてもアナルセックスが大好きな淫乱なコだなんて、わからないよ。」

 

すべらかなお尻をなで上げて、お尻の穴を指でつんつんと刺激する。

 

「あん。だって、アナルセックスを知ってしまったら、普通のセックスなんて、子供の遊びみたいなんですもの・・・。」

 

久美はちょっとお尻の穴を刺激されただけで、アナルセックスの快感を思い出してしまったらしい。

 

「じゃあ、今日はたっぷりとアナルにペニスを押し込んであげようね。」

 

お風呂場で久美をよつんばいにすると、

 

メガネの女子大生はアナル好き

 

「まずは、浣腸して、おなかの中をキレイにしようか。」

 

「はい。」

 

私は久美のお尻の穴に浣腸器をさしこみ、思いっきり、浣腸液を注入した。

 

空になった浣腸器を抜き、お尻の穴に栓をして、浣腸液が効果を発揮するのを待つ。

 

ぎゅるるるる・・・。

 

久美のお腹がなりはじめ、久美が苦しそうな表情をし始めた。

 

「まだガマンできるよね?」

 

久美は顔を紅潮させ、ぶるぶると震えながら、

 

「・・・は・・い。」

 

と返事をする。

 

そのまま、便意をガマンする久美の様子を楽しんでいたが、限界が近そうだったので、バケツを持ってきて、お尻の下にあてがった。

 

お尻の穴にねじこまれていた栓を抜くと、久美のお尻の穴がひくひくとうごめき、浣腸液とともに、久美のウンコが飛び出してきた。

 

久美のおなかをさすってやって、全部ださせたあと、シャワーでていねいに洗い、ベットによつんばいにさせた。

 

久美のアナルにローションをたっぷりと流し込み、ボールがたくさんつながったおもちゃを入れ込む。

 

久美のアナルはつかいこまれているのか、中くらいのスーパーボールほどの大きさのボールをすんなりと飲み込んでいく。

 

「あ・・・は・・・。」

 

メガネの女子大生はアナル好き

 

大きめのボールが三つ入った後は、小さめの五つのボールが続いて飲み込まれる。

 

 

メガネの女子大生はアナル好き-2 >>

 


アダルトグッズのNLS