アナル開発、くせになりそう-2

アナル開発、くせになりそう-2

アナルが押し広げられる感じはけっこう気持ちがいい。

 

「いたかったら、いってね?」

 

彼は私のクリトリスを指で撫でながら、やさしくいった。

 

「ん・・・。」

 

私のアナルはどんどんいっぱいになっていき、全部のパールが埋め込まれてしまった。

 

「大丈夫?」

 

「うん。なんとか。」

 

「沙耶ちゃんのえっちな姿をみてたら、びんびんになっちゃった。」

 

彼は完全に勃起したペニスを私の前に差し出した。

 

アナル開発、くせになりそう-2

 

脈打っているペニスをそっと舐めると、彼は私の頭を撫でてくれる。

 

「もっと広げないといたいから、もう少し開発しようね。」

 

彼は私にペニスを舐められながら、アナルパールを抜いていく。

 

ちゅぽん、ちゅぽんとパールがアナルを出て行くたびに、気持ちよさが広がっていき、ペニスを舐めるのがおろそかになる。

 

「沙耶ちゃん、けっこう才能あるかもよ?」

 

彼は私から離れると、ひも付きのアナルプッチを私のアナルに入れた。

 

ひもの先には小さな鈴がついていて、彼が指でクリトリスやアソコをいじるたびに、ちりんちりんと音がする。

 

「だいぶアソコも濡れてるね。」

 

ちゅぷちゅぷとアソコから指を出し入れしながら、彼が嬉しそうに言う。

 

「そろそろ、俺と同じ大きさのバイブ入れてみようか。」

 

彼はアナルプッチを抜き取ると、ゆっくりと大きなバイブを入れ始めた。

 

アナル開発、くせになりそう-2

 

「痛くない?」

 

慎重に入れられる大きなバイブは少しずつ私のアナルを押し広げていく。

 

全部が埋め込まれても、痛みはなかった。

 

「スイッチ入れるよ。」

 

アナルの中のバイブは左右に首を振り始め、私は奇妙な快感を味わった。

 

「な、なんかヘンな感じ・・・やん・・・。」

 

「でも、痛くはないんでしょ?すぐに気持ちよくなれるよ。」

 

彼が言うとおり、だんだん気持ちよさが増してきて、私の頭はぼんやりしてきた。

 

「もういいよね。」

 

彼はバイブを抜くと、自分のペニスを私のアナルに挿入した。

 

ぐぐっと押し広げてくる彼のペニスは硬くて、バイブより大きいような気がした。

 

「そんなにしめちゃダメだよ。」

 

彼がクリトリスやアソコを刺激して、私の気を散らしてくれる。

 

力が抜けたアナルにずぶずぶとペニスが入っていき、ついに根元まで彼のペニスが埋められた。

 

アナル開発、くせになりそう-2

 

「入った・・・。」

 

彼は満足そうに息をつく。

 

私はノドの奥までペニスが入ったような圧迫感を感じた。

 

彼がずるっとペニスを抜こうとすると、内臓まで一緒にひきずられてしまうような感覚におそわれる。

 

何度もゆっくりと出し入れされるうちに、気持ちよくなってきて、気がついたら、あえぎ声がもれていた。

 

「ああ・・・あん・・・いい・・・。」

 

アナル開発、くせになりそう-2

 

「沙耶ちゃん、俺もすっごいイイよ・・・。」

 

激しくピストンされて、アナルに彼の精液が放たれるのを感じるのと一緒に、私もイってしまったのだった。