激しいフェラチオテクニック-2

MENU
アダルトグッズのNLS

激しいフェラチオテクニック-2

 

「だって、フェラチオとかって気持ち悪かったんだもん。」

 

「イヤならムリにフェラチオしなくてもいいんだよ?」

 

洗ってない俺のちんぽをよだれまみれになるくらい舐めまくっている美月が、フェラチオを気持ち悪いと思っていたなんて意外だ。

 

「ううん。先生のおちんぽなら、フェラチオできるよ。」

 

かわいいことをいわれて興奮した俺は、さらに激しいフェラチオテクニックを教えることにした。

 

「ありがとう。じゃ、今度は亀頭を口に咥えてみて。」

 

激しいフェラチオテクニック-2

 

指で亀頭をくるりと撫でて、亀頭がどこかを教えてから、美月の唇をじっとみつめた。

 

美月はちんぽの先っちょに、ちゅっとキスをすると、思い切ったように亀頭を口に含んだ。

 

「そう・・・口の中のちんぽを舌で舐めて・・・いいよ・・・気持ちいい・・・。」

 

上目づかいで俺の表情を窺いながら、美月はいわれた通りにフェラチオしている。

 

「だいぶ気持ちよくなってきたから、指をこうやって輪にして、サオをしごきながら、口に咥えて前後に動かして・・・。」

 

美月は俺のちんぽを両手で支えると、口と手でしごきはじめた。

 

のんびりとした動きながら、ちょうどよく舌がちんぽに絡まってきて、なかなか気持ちいい。

 

激しいフェラチオテクニック-2

 

でも、さすがにフェラチオ初心者だけあって、俺をイかせるところまではいかなかった。

 

「もう顎が疲れただろう?フェラチオに慣れたら、これで充分イかせられるよ。」

 

「でも・・・先生まだイってないでしょ。こんなにおちんぽ硬くなってるし・・・。」

 

「その様子じゃ、まだ処女なんだよな?じゃ、素股でもしてもらうかな。」

 

「素股・・・?」

 

きょとんとしている美月の手を引いて、壁に手をつかせて、パンティをおろした。

 

激しいフェラチオテクニック-2

 

はじめてのフェラチオで興奮して、びちゃびちゃに濡れているおまんこをみていると、ついちんぽを入れてしまいたくなるが、処女とヤるのはちょっと気が引けたので、クンニするだけにしておいた。

 

「あっ・・・あっ・・・せんせっ・・・気持ちいいよっ・・・私、先生になら・・・処女あげてもいいのにぃ・・・。」

 

「今日はとりあえず、素股しよう。」

 

ぎんぎんに勃起しているちんぽに、ローションをたらしてぬるぬるにすると、美月の足の付け根の隙間に挿入した。

 

すべすべの足の感触とおまんこの表面の部分で、敏感になったちんぽがこすられて、かなり気持ちがいい。

 

巨乳を後ろからわしづかみにして、もみしだきつつ、腰を振ると、美月も気持ちよさそうなあえぎ声をあげた。
「ああんっ・・・先生・・・気持ちいい・・・素股って気持ちいいの・・・。」

 

美月の処女を奪ったら、後で責任取らされそうだしな・・・このまま、素股でイっておくか・・・。

 

激しいフェラチオテクニック-2

 

俺は素股で射精して、どうにかラブホテルを出た。

 

そのくせ、美月から「またフェラチオ教えてください。」というメールが来るたびに、どうしようか迷ってしまっていたりする。

おすすめ無料サンプル動画

着衣のままで超ゆっくりフェラ

 

 

余韻フェラチオで連続発射 15人2連射30発 おそうじフェラともまた違う、次のステージへ向かうおしゃぶりが「余韻フェラ」

 

 

【フェラすぺ】ちんシャブ乙女倶楽部 ごっくんナース 中村日咲

 


アダルトグッズのNLS