普段の半分以下の力でフェラ-2

MENU
アダルトグッズのNLS

普段の半分以下の力でフェラ-2

 

ハミガキまで済ませたところで、私の携帯がメールを受信する。

 

嬉しいことに、秀明さまからの呼び出しだった。

 

「よかったわね!さっき嫌な思いをした分、たっぷりとかわいがっていただきなさい。」

 

先輩に送り出されて、足取りも軽く、秀明さまの部屋に向かったら、そこにいたのは、なんとクソ坊ちゃんで。

 

私は失望を顔に出さないように、必死で無表情を保った。

 

「お前にフェラチオを教えてやろうと思って、たくさん勃起ちんぽを用意してやったぞ。」

 

秀明さまの部屋なのに、坊ちゃんの友達がぞろぞろと出てきて、私を取り囲んだ。

 

普段の半分以下の力でフェラ-2

 

みんな全裸で、ちんぽをぎんぎんに勃起させている。

 

これを一人で全部フェラチオするのかと思うと、絶望で目の前が暗くなった。

 

秀明さまだと期待した分、失望が大きい。

 

「ほら、兄貴のちんぽだと思って、ていねいにしゃぶれよ!全員が満足するまで、お前のフェラチオ練習は終わらねーぞ。」

 

ぎゃははと下品な笑い声をあげた坊ちゃんが、手を振って合図した。

 

勃起ちんぽ達が私の顔の前に集まってきて、私は仕方なく、フェラチオしようと口を開きかける。

 

普段の半分以下の力でフェラ-2

 

「ただいまーって、なにやってんの?」

 

間一髪で、秀明さまがご帰宅されて、クソ坊ちゃんと全裸の友達を叩き出してくれた。

 

「ごめんな。怖かったろ?アイツにひどいめに遭わされたら、ちゃんと俺にいいなよ。」

 

秀明さまが私を優しく抱きしめて、恋人にするみたいにキスしたので、私はメロメロになって、体に力が入らなくなった。

 

普段の半分以下の力でフェラ-2

 

「可哀想に、こんなに震えて・・・。アイツが手出しできないように、ユウを俺付きのメイドにしてあげるよ。親父の方がよければ、親父にいってあげるけど、どっちがいい?」

 

ベッドに押し倒されて、乳首をいじられながらささやかれると、気持ちよさと嬉しさで涙が止まらなくなる。

 

「秀明さまがいいですぅっ・・・私を秀明さまのメイドにしてくださいませ・・・。」

 

「いいコだね。じゃ、今日からユウは俺のメイドだ。俺以外のちんぽでは満足できないくらい、かわいがってあげるからね。」

 

秀明さまのちんぽをおまんこに挿入された私は、ひっきりなしに悦びの声をあげた。

 

普段の半分以下の力でフェラ-2

 

時々、角度を変えては、おまんこのいいところを刺激してくれる秀明さまの硬くて太いちんぽ・・・。

 

これからは、いっぱいいっぱい、秀明さまに抱いていただける。

 

そう思うと、私の体はいつも以上に敏感に反応して、秀明さまを喜ばせた。

おすすめ無料サンプル動画

着衣のままで超ゆっくりフェラ

 

 

余韻フェラチオで連続発射 15人2連射30発 おそうじフェラともまた違う、次のステージへ向かうおしゃぶりが「余韻フェラ」

 

 

【フェラすぺ】ちんシャブ乙女倶楽部 ごっくんナース 中村日咲

 


アダルトグッズのNLS