裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

添えられた手の動きが私にさらなる快感をあたえた。

 

「あとは、しゃぶりながら、こうやって手でしごくんだ。」

 

私はオナニーするときの手の動きのように、軽く輪にした指でペニスを軽くしごいた。

 

奈保子は両手を輪にして、私のペニスに当てると、根元に向かってゆっくりとスライドさせながら、口に含んでいく。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

 

無意識にうごめいている舌が私のペニスを刺激して、とてもはじめてのフェラチオとは思えないくらい気持ちがいい。

 

「すごくいいよ・・・奈保子はフェラチオの才能があるね・・・。」

 

ほめられて嬉しかったのか、奈保子は何度も繰り返し、口からペニスを出し入れし、指で私のサオをしごいた。

 

「うっ・・・奈保子・・・もういいよ・・・出してしまいそうだ・・・。」

 

沸き起こる射精感に、あわてて奈保子を静止したが、奈保子が口をはなさなかったので、奈保子の口内に射精してしまった。

 

射精の快楽からわれにかえり、あわててペニスを奈保子の口から抜いて謝った。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

 

「大丈夫か?出していいんだよ?」

 

ティッシュを渡そうとした私の目の前で、私が口内に出した精液を飲んだ奈保子はにこりと笑って、

 

「たまごの白身をうんと苦くしたようなお味ですね。」

 

といった。

 

それからというもの、奈保子のフェラチオの技術はどんどん向上していき、今では、一度、口で射精してからしばらく休憩してセックスしたり、フェラチオのみという夜もあるくらいまでに成長してしまった。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

 

どうも奈保子はSの気質を隠し持っていたらしく、私をさんざんじらしてからイかせるのがたまらなく嬉しいようだ。

 

お尻の穴から玉袋、サオ、亀頭まで何度もぺろぺろと舐め上げたあげく、ゆっくりと口に含んで、口の中で舌を絡ませ、私がイきそうになってくると、口から出して、指で軽くペニス全体をなでる程度の刺激でやりすごす。

 

射精感がおさまってくると、また奥までしゃぶり、舌でカリや裏筋を愛撫しながら出し入れし、また快感が高まってきたところで、玉袋を指でころがすだけにする。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2

 

私が限界になるまでじらして、三度目か四度目の射精感を感じたところで、やっと、イけるまで、しゃぶって、手でしごいてくれる。

 

何度も我慢した後の射精は下半身がじーんとしびれるくらいに気持ちよく、脱力感もものすごい。

 

最近ではどこで調べてきたのか、前立腺マッサージをしたいとせがんでいる。

 

健康のためには年齢的にも必要だとわかっていながらも、驚異的なフェラチオのテクニックに加えて、前立腺まで刺激されたら、恐ろしいことになりそうなので、抵抗を続けている。