フェラテク自慢の淫乱人妻

フェラテク自慢の淫乱人妻

出会い系で出会った人妻の明菜はフェラチオ上手だった。

 

自分でもフェラチオの技術にはかなりの自信を持っているらしく、

 

「5分イかないで、我慢できたら、中出ししてもいいわよ。」

 

なんていうオイシイ賭けを持ちかけてきた。

 

さっそく俺はベットに全裸で寝そべり、人妻の舌を期待に股間を膨らませて待った。

 

明菜は反り返った俺のペニスを眺めながら、ゆっくりと服を脱いでいき、豊満なおっぱいをおしげもなく、さらけだした。

 

フェラテク自慢の淫乱人妻

 

パンティ一枚になった明菜は俺の足の間に座りこんで、俺の股間に手を伸ばした。

 

きれいに手入れされたツメの先で俺の太ももや足の付け根あたりをつつ・・・となぞる。

 

くすぐったい・・・でも、気持ちいい。

 

ツメから指先に刺激が変わり、じょじょにペニスの方へと近づいてくる。

 

このワクワク感がたまらない。

 

いよいよ指先は、玉袋に到達し、こちょこちょとくすぐられたり、指先をふわあっと広げられたりして、期待をさらに高める。

 

指がペニスの根元に届いたと思った瞬間、亀頭をあたたかい舌で、ぺろりと舐めあげられた。

 

フェラテク自慢の淫乱人妻

 

予想していなかった刺激に、腰がびくんと動く。

 

「ふふふ。敏感なのね。」

 

嬉しそうな明菜の声がラブホテルの部屋に響き、ぴちゃぴちゃと明菜の舌が立てるいやらしい音が続いた。

 

俺の亀頭は先の方からカリの方まで、丁寧に舌で舐め尽くされ、明菜の唾液と俺自身の先走りで濡れてびちゃびちゃになっている。

 

口の中に亀頭だけ含まれ、舌をまとわりつかせるようにからませたり、歯を痛くないようにそっとあてて、なぞったりと、バリエーションも多彩だ。

 

さすがフェラチオテクニック自慢の人妻なだけある。

 

顔を少し持ち上げて、ちらっと明菜の方を見ると、嬉しそうな顔で俺のペニスをしゃぶっている。

 

明菜は亀頭の先端からゆっくりと根元の方まで口に含んでいった。

 

「うう・・・。」

 

気持ちよさに、思わず、声がもれてしまう。

 

絶妙のスピードと密着感はもうプロじゃないかと思ってしまうくらいの技術力だ。

 

手元で支えているように添えられている両手はさりげなく、俺のペニスを下の方にひっぱり、より強い快楽をサポートしている。

 

フェラテク自慢の淫乱人妻

 

またゆっくりと、口が亀頭の先端に戻るまでの間にも、口内で舌が茎にらせん状にからみつき、引き止めるかのような歓待をしてくれる。

 

ヤバイ。これはヤバイ。

 

はじまって、まだ2分も経ってないのに、イきそうだ。

 

焦る俺の心とは裏腹に、ペニスは与えられる快感に着実に頂点へと上りつつある。

 

「すごい・・・硬い・・・。」

 

うっとりとした表情で俺のペニスに頬ずりし、舌でちろちろと刺激する明菜は淫乱という言葉を実感させてくれるいやらしさだ。

 

危機感を募らせた俺は、卑怯な防衛策に出た。

 

「こっちにお尻向けてよ。」

 

フェラテク自慢の淫乱人妻

 

明菜は俺をまたいで四つんばいになり、パンティにつつまれたお尻を俺の前に突き出した。

 

 

>>フェラテク自慢の淫乱人妻-2>>