裸になった方が上手にフェラ

裸になった方が上手にフェラ

お兄ちゃんが大好きだから、夜になるとこっそりとお部屋に忍び込んで、フェラチオするようになった。

 

最初は、「近親相姦なんてダメだよ。」っていってたお兄ちゃんも、フェラチオだけなら、もう普通にさせてくれる。

 

裸になった方が上手にフェラ

 

お兄ちゃんくらいの年頃の男の人は、定期的に精液を射精しないと、欲求不満でイライラしちゃうって、えっちな本で読んだ。

 

だから、つまんない女の人とセックスしたり、オナニーしたりして、性欲を満たすんだって。

 

でも、私はお兄ちゃんが彼女を作るのなんて、耐えられない。

 

オナニーだって、他の女の人のいやらしい写真とか、そういうのをみてするんなら、しないでほしいと思う。

 

ホントは、私がお兄ちゃんの恋人になって、セックスとかいっぱいしたいんだけど・・・。

 

やっと私がフェラチオするのを受け入れてくれたのに、欲張って避けられたりしたらイヤだから、お兄ちゃんから手を出してくれるのを待っているの。

 

今日も両親が寝静まるのを待って、お兄ちゃんの部屋に行って、ベッドに潜り込んだ。

 

「杏子・・・フェラチオしてくれるんだろ?」

 

お兄ちゃんはかけ布団を汚さないようにめくりあげて、パジャマのズボンとトランクスを脱ぐ。

 

私も一緒に、パジャマを脱いで、パンティだけの姿になった。

 

裸になった方が上手にフェラ

 

「どうして杏子まで脱ぐんだ?」

 

まるみえになったおっぱいから目を逸らすようにして、お兄ちゃんがきいてくる。

 

「裸になった方が上手にフェラチオできるって、友達にきいたの!」

 

これ以上、何かいわれないうちに、私はお兄ちゃんに跨って、期待でがちがちに勃起しているちんぽを咥えた。

 

いつもはお兄ちゃんの脚の間で、おしとやかにフェラチオするんだけど、今日はおしりをお兄ちゃんの顔の方に突き出すようにして、わざといやらしくみえるように、ぷりぷり振ってみせたりした。

 

パンティをはいたままなのは、私が意気地なしだから。

 

だって、お兄ちゃんに嫌われたら生きていけないし。

 

大好きなお兄ちゃんのちんぽをフェラチオしてたら、口の中からよだれがたっぷりあふれてきた。

 

ローション代わりにすべらせて、じゅっぽじゅっぽとしごく。

 

裸になった方が上手にフェラ

 

静かなお部屋に、いやらしい音だけが響いて、恥ずかしくなる。

 

最近は、「気持ちいいよ」とか、「もっと舐めて」とかいってくれてたお兄ちゃんがずっと無言なのも、すごく気になってて、私はおそるおそる振り向いて、お兄ちゃんの顔をみた。

 

「杏子、友達って、男か?お前、もう処女じゃないんだろ?」

 

上半身を起こして、お兄ちゃんがおっぱいをわしづかみにした。

 

今まで、お兄ちゃんの方からさわってくれたことはなかったから、それだけですごく嬉しくなる。

 

「どうなんだよ?他の男のちんぽもフェラチオしてるんじゃないのか?」

 

乳首をぎゅうぎゅうつまみながら、耳元でささやかれると、気持ちよくてえっちな声が出てしまいそう。

 

裸になった方が上手にフェラ

 

「してないよぉっ・・・杏子はお兄ちゃんが好きなんだもん・・・。」

 

思い切って、告白したのに、お兄ちゃんは信じてくれなかった。

 

「本当か?最近、急にいやらしい体つきになってきたと思ってたけど、おまんこに・・・誰かのちんぽ、咥えこんだんだろ?怒らないから、正直にいってごらん。」

 

お兄ちゃんの手が愛液で湿ったパンティをするりと脱がせて、私の両足を大きくM字に開かせる。

 

 

>> 裸になった方が上手にフェラ-2>>