フェラチオ教えて

MENU
アダルトグッズのNLS

フェラチオ教えて

俺の目の前で、妹が泣いている。

 

我が妹ながら、アイドル並にかわいいルックスと、グラビアアイドル並のダイナマイトボディの持ち主だ。

 

フェラ教えて

 

別に、兄バカじゃない。

 

俺の妹をみた男は、必ず俺にこういってくる。

 

「お前の妹、めっちゃかわいいな!紹介してくれよ!な、友達だろ?」

 

単なる顔見知り程度のヤツにいわれると、非常にウザいが、俺の妹がものすごくかわいいってことは、理解してもらえるだろう。

 

当然、妹は小さい頃からモテモテだったが、奥手だったので、つい最近までは俺が恋人のような状態だった。

 

ああ・・・、あの頃はしあわせだった・・・。

 

お風呂で背中を流してもらったり、手料理を食べさせてもらったり、いっしょに寝たいなんていいだしたりして・・・。

 

ま、その、ギャルゲーの妹キャラみたいな行動で、俺をしあわせにしてくれてたんだ。

 

近親相姦はいけないっていう思いだけが俺の理性を支えていた。

 

俺が我慢してなきゃ、近親相姦になりそうなギリギリの状況だった、と思う。

 

しかし。

 

一ヶ月前、ついに妹に初の彼氏ができちまった。

 

確かに、ヤツはかっこいい。

 

性格も好青年だし、頭はいいし、モテるし、スポーツも万能だし。

 

ケチのつけようのない彼氏だった。

 

俺はさみしかったけれども、

 

「近親相姦を回避できただけ、よかったじゃないか。」

 

「これで妹も俺もまっとうな人生を送れる。」

 

「俺も早く彼女作らなくちゃなー・・・ははは・・・。」

 

などと自分にいいきかせていたんだ。

 

で、話は冒頭に戻る。(前置きが長くてスマソ。)

 

妹はなんと、彼氏に、

 

「フェラチオが下手。」

 

フェラ教えて

 

だといわれたらしい。

 

付き合って一ヶ月で、もうフェラチオまでいってんの!?

 

俺の頭に岩が落ちてきたような衝撃が走った。

 

しかも、俺のかわいいかわいい妹に、

 

「フェラチオが下手」

 

なんてぬかすとは、何様のつもりじゃい!!!

 

俺はヤツを殴り蹴りボコボコにしてやるために、部屋を飛び出そうとした。

 

しかし、妹が足にしがみついてきて、ひきとめられた。

 

「お兄ちゃん、美里が悪いの。フェラチオなんていままでしたことなかったから、ちょっと噛んじゃって・・・、圭介くん、すっごく痛がって・・・。」

 

あー、そりゃ、確かに、男としちゃ、大ダメージだ。

 

「フェラチオが下手」

 

っていうレベルの話じゃねーし。

 

「だから、お兄ちゃん、美里にフェラチオ教えて?」

 

俺は美里の発言に、顎がはずれそうになった。

 

「だって、好きでもない人のおちんぽ、フェラチオできないし。圭介くんは、フェラチオはもういいよって、させてくれないし。」

 

フェラ教えて

 

いやいや、待て待て。

 

俺がフェラチオを教えたとして、ヤツにはなんていうんだよ!?

 

「お兄ちゃんにフェラチオ教えてもらったから、大丈夫。」

 

ってか?

 

「ああ、お兄さんにフェラチオ習ったなら、大丈夫だね。」

 

なんて会話が成り立つとでも?

 

 

俺はめまいがしてきた。

 

「お兄ちゃんにフェラチオ教わったなんて、誰にもいわないから!美里とお兄ちゃんだけの秘密にするから!」

 

そして、美里はずっと泣き続けている。

 

 

フェラ教えて-2>>

 


アダルトグッズのNLS