一回フェラして30万-2

MENU
アダルトグッズのNLS

一回フェラして30万!?-2

 

すっかり満足した様子の信吾くんが帰ってしまうと、瑛太は自分からいいだしたくせにやきもちを焼いたみたいで、

 

「信吾のやつ、おおげさなんだよ。確かに美奈はフェラチオ上手いけどさ、女みたいにあえぐほどじゃないだろ。大体、お前だって、口内発射までさせることねえし。

 

しかも、信吾の精液ごっくんしたろ?サービス過剰すぎなんだよ。」

 

ねちねち文句をいいだす。

 

彼女に友達のちんぽをフェラチオさせたあげく、文句をいうとか信じられなくて、私は内心、かなりムカついたけど、最後の方はちょっと愉しんでしまっていたのも事実だったので、口先だけで謝っておいた。

 

他の男のちんぽをフェラチオするのは、今回だけだからとしつこく念を押しておいたのに、翌月になると、瑛太は性懲りもなく、信吾くんに借金を作ったといってきた。

 

「またフェラチオするの?いやだっていったよね?」

 

今度こそ、ちゃんと断ろうと、強気でいったら、

 

「フェラチオじゃないんだ。今回は・・・美奈を一晩貸すっていう条件・・・。」

 

一回フェラして30万-2

 

「一晩って何よ?セックスするってこと?何されるかわかんないじゃない!?」

 

「大丈夫だって。信吾はお前に惚れてるから、無茶なことはしないよ。ま、セックスくらいはするだろうけどさ。」

 

「ありえないでしょ。一体、いくら借金したの?」

 

「・・・50万。」

 

私は呆れて何もいえなかった。

 

「ちなみに、先月のフェラチオの時は30万だったんだよね。一回フェラチオして30万とかすごくね?」

 

呆然として口がきけないでいる私を残して、瑛太は、「ちょっとコンビニ行ってくるわ。」と出て行ってしまう。

 

入れ替わるように信吾くんが来たので、瑛太が勝手に私を売ってしまったんだとわかった。

 

「あのさ、美奈ちゃんがイヤだったら、俺、帰るけど・・・。瑛太には一晩借りたことにするし。」

 

ショックを受けている私を気遣ってくれる信吾くんに、私は抱きついた。

 

「俺、美奈ちゃんが好きなんだ。こんな・・・お金で買うような真似してごめんね。やっぱり、帰るよ。」

 

帰ろうとする信吾くんを引きとめて、私の方からセックスを誘う。

 

自分勝手な瑛太のセックスとは違って、信吾くんの前戯はとってもやさしくて、何度も私をイかせてくれた。

 

一回フェラして30万-2

 

「かわいいよ・・・美奈ちゃんとセックスできるなんて、夢みたいだ。もう・・・入れてもいいかな?」

 

情熱的に私を抱きしめて、耳元でささやいた信吾くんは、ぐちょぐちょに濡れたおまんこに、ようやくちんぽを押し当てた。

 

「いいよ・・・きて・・・。」

 

硬くて熱い信吾くんのちんぽが私のおまんこを最奥まで貫いて、ゆっくりと動きだす。

 

一回フェラして30万-2

 

「気持ちいいよ・・・キツくて、蕩けそう・・・。美奈ちゃんっ・・・すごく・・・いい・・・。」

 

うっとりするようにつぶやきながら、私を愛おしそうにみつめている信吾くんをみていると、瑛太と別れて、この人と付き合った方が幸せになれるような気がしてくる。

 

イきそうになってきた時に、ぎゅっと強く抱きしめられながら、

 

「ね、瑛太とは別れて、俺と付き合おう?絶対大事にするし、後悔させないから!」

 

と口説かれて、つい頷いてしまった。

 

一回フェラして30万-2

 

だって、信吾くんとのセックスの方が・・・ずっと気持ちいいし・・・。

おすすめ無料サンプル動画

着衣のままで超ゆっくりフェラ

 

 

余韻フェラチオで連続発射 15人2連射30発 おそうじフェラともまた違う、次のステージへ向かうおしゃぶりが「余韻フェラ」

 

 

【フェラすぺ】ちんシャブ乙女倶楽部 ごっくんナース 中村日咲

 


アダルトグッズのNLS