初体験なのに中出ししてしまいました・・

初体験なのに中出し

脱童貞を中出しで、しかも、年上のお姉さまに手取り足取りという夢のような幸運に恵まれたのは、俺が高校生のときだった。

 

俺の窓からは隣の女子大生のお姉さんの部屋が丸見えで、それまでもよくオカズにさせていただいていたのだが、ある日、それに気がついたお姉さんが俺を手招きしたのだ。


 

しっぽをふる犬のようにいそいそとお姉さんの部屋に行くと、お姉さんはブラジャーにパンティ姿で俺を迎えてくれた。

 

初体験なのに中出し

 

「もしかして、いつも私を覗いて、オナニーしてたの?」

 

お姉さんは俺に擦り寄りながら、すでに痛いほど勃起していた俺のちんぽをショートパンツごしに、すりすりと指でなでる。

 

「悪い子はおしおきしなくちゃね。」

 

俺は服を脱がされて、お姉さんのベットに腰かけさせられた。

 

お姉さんは下着姿のまま、俺の脚の間に座り、先走りがだらだらと出ている俺のちんぽをぺろりと舌で舐めた。

 

初体験なのに中出し

 

その瞬間、カラダに衝撃が走って、思わず、射精してしてしまうところだった。

 

いきなり、ひと舐めで顔射なんてしたら、さすがにたたき出されてしまう。

 

ぐっとこらえていると、お姉さんの唇がちゅ・・・ちゅ・・・とちんぽのいたるところにキスしてくれる。

 

お姉さんの両手がちんぽの根元に添えられ、亀頭の先端から、根元まで、ゆっくりと口の中に含まれた。

 

あたたかくてやわらかい口の中は、信じられないくらい気持ちよくて、自分の顔がだらしなくゆるんでしまっているのがよくわかる。

 

射精しないように、がんばって耐えていると、またゆっくりと亀頭にむかって唇が移動していく。

 

自分でしこしここすっていたのなんて比較にならないほどの快楽に、脳がとけそうだった。

 

「うふふ。かわいいー。」

 

初体験なのに中出し

 

お姉さんはにこにこしながら、ちんぽをぺろぺろと舌で舐めてくれる。

 

両手でちんぽをおおって、ゆっくりとスライドされたときには、イってしまうかと思うくらいの気持ちよさだった。

 

口の中に含んで上下に出し入れしながら、輪の形にした指でしごかれると、すぐに射精感が突き上げてきて、我慢できなくなった。

 

「ダメ・・・もう出ちゃいます・・・。」

 

もう出る・・・と思った瞬間、お姉さんの動きが止まってしまった。

 

お腹につきそうに反り返った俺のちんぽは先走りとお姉さんの唾液で濡れて光ったまま、ひくひくとしている。

 

はあ・・・はあ・・・と荒い息をついていると、お姉さんが立ち上がった。

 

「ねえ、おっぱいさわったことある?」

 

太ももに手をあてて中腰になり、俺の顔を面白そうに覗きこむお姉さんを押し倒したい衝動をぐっとこらえて、
「ありません・・・。」

 

と低い声で答えると、お姉さんはブラジャーをはずして、おっぱいを俺の前にさらけだした。

 

乳首はぴんぴんに立っていて、俺のちんぽをしゃぶっていたお姉さんも興奮していたというのがわかる。

 

初体験なのに中出し

 

お姉さんは俺の隣に座り、俺の手をとって、おっぱいに触らせた。

 

俺は遠慮がちに、両手でおっぱいをつつみ、そっと力を入れた。

 

思ったよりも弾力があって、思ったよりもすべすべしている。

 

乳首をつまんでみると、男の乳首とは違って、しっとりとして、ぐにぐにとした確かな手ごたえがあった。

 

「んん・・・。ねえ・・おまんこはみたことある?」

 

顔を上気させたお姉さんは目を潤ませて、そんなことをきいてくる。

 

「みたことありません・・・。」

 

と答えると、お姉さんはパンティに手をかけて、一気に下ろした。

 

 

>>初体験なのに中出しーその2>>