屈辱、処女喪失3Pレイプ

MENU
アダルトグッズのNLS

屈辱、処女喪失3Pレイプ

優太が事務所に、えらく上玉の女を連れてきた。

 

はちきれんばかりの巨乳、両手でつかめそうなウエスト、すらりとした細くて長い足。

 

屈辱、処女喪失3Pレイプ

 

ちょっと子供っぽさの残った童顔は清純な処女って感じで、高く売れそうだ。

 

「アニキ、借金のカタに娘を連れてきました。」

 

系列の風俗店で働かせるのが惜しいくらいの逸品だ。

 

「お前、名前は?」

 

「・・・美咲です。」

 

美咲はかわいらしい童顔に似合わず気が強そうで、俺を睨みつけてくる。

 

俺は美咲が目の前で泣き叫ぶところを見てみたくなった。

 

「まずは、3PでAV撮影でもするか。」

 

「やった!アニキと3Pなんて、久々ですね!」

 

3Pときいた優太が子供のようにはしゃいでいる。

 

俺は引き出しからハンディカムを取り出し、美咲の全身を舐めるように撮影した。

 

「服を全部脱げ。」

 

俺が命令すると、美咲はぎこちない動きで、ストリップをはじめる。

 

屈辱、処女喪失3Pレイプ

 

抜けるように白い肌は誰にも汚されていない雪のようで、シミひとつなかった。

 

童顔とはアンバランスな巨乳の上に、ピンク色の乳首がちょこんとのっており、薄い陰毛からおまんこが透けて見えている。

 

まだ成熟する前の瑞々しい体からは若さがあふれていた。

 

「撮影しろ。」

 

俺は優太にカメラを渡すと、両手で美咲の巨乳をつかんだ。

 

おっぱいのもっちりとした手ごたえとキメの細かい肌の感触がとてもすばらしい。

 

勃起した乳首を舌でなぞりながら、俺は美咲の顔を見上げた。

 

声を出すのをこらえるために、唇を強く噛んでいる美咲の表情はうっすらと上気していて、この先が楽しみでわくわくしてくる。

 

「そこの机に仰向けに寝ろ。」

 

大きな机の上に横たわっても、美咲の巨乳はこんもりと盛り上がっている。

 

カメラの前に両足を大きく開かせて、愛液でつやつやと光っているおまんこを撮影する。

 

「ずいぶん敏感だな。見かけによらず、淫乱か?」

 

指でワレメをなぞるだけで、ぬるぬるとした愛液がどんどんあふれてくる。

 

屈辱、処女喪失3Pレイプ

 

「クリトリスも大きいし、オナニーしてるだろ?」

 

クリトリスを軽くツメでひっかくようにしながら、俺は美咲を言葉責めした。

 

「オナニーなんて・・・してません。」

 

ぬるぬるの膣口に指先を埋め込み、そのままゆっくりと奥まで挿入する。

 

途中、指先に抵抗を感じたから、やっぱり処女だったようだ。

 

「処女なのにレイプされるなんて、かわいそうになあ。しかも、3Pだし。」

 

少しずつ指を上下に動かしながら俺がいうと、

 

「こんなの別に、どうってことありませんから!」

 

指を入れるだけでも、痛みがあるはずなのに、まだ強がっている。

 

「ふーん。そうか。」

 

おまんこを指で拡げながら、クリトリスをこちょこちょとくすぐる。

 

「くっ・・・うっ・・・。」

 

屈辱、処女喪失3Pレイプ

 

おまんこが指をきゅうっとしめつけてきて、美咲が感じているのがよくわかる。

 

 

屈辱、処女喪失3Pレイプ-2 >>

 


アダルトグッズのNLS