人気のないオフィスで、ムリヤリ3P

人気のないオフィスで、ムリヤリ3P

人気のないオフィスで、ムリヤリ3Pされているっていうのに、私にはもう抵抗する気力が残っていなかった。

 

さっき飲んだコーヒーに、催淫剤のようなものが入っていたみたいで、体中が敏感になってしまっていて、だらだらとおまんこから愛液が溢れ出しているのがわかる。

 

「知香ちゃん、あーんして。俺の勃起ちんぽ咥えてよ。」

 

すえたニオイのするちんぽが、ぐいぐいと唇を押し割ってきた。

 

人気のないオフィスで3P

 

口いっぱいにちんぽを押し込まれて、うぐっとなり、慌てて、両手をちんぽの根元に添える。

 

「お、積極的だねえ。ちゃんとフェラチオしてくれるんだ。」

 

こんなヤツのちんぽ、フェラチオなんかしたくないし、私は3Pなんてするようなはしたない女じゃない。

 

そういいたくても、ちんぽで口が塞がってしまっているし、体が疼きすぎていて、何もいえない。

 

「うひょひょ、もう前戯なんていらないくらい、知香ちゃんのおまんこ、ぐっちゅぐちゅですなあ!」

 

おまんこを左右に指で拡げられて、そんなことをいわれると、羞恥で体がかあっと熱くなった。

 

でも、その羞恥もすぐに興奮へと変わってしまう。

 

「知香ちゃんのおいしい愛液、じゅるじゅる吸っちゃうぞー!」

 

私のおまんこを拡げていた男は、宣言通り、じゅるじゅるとハデに音を立てて、私の愛液を啜り上げた。

 

人気のないオフィスで3P

 

敏感になっているおまんこに、ぴったりとくっついた唇と、ねろりと動く舌が気持ちよくて、ちんぽで塞がった口から、あえぎ声が漏れてしまう。

 

「知香ちゃん、気持ちいいんだー?手マンでもっといじめてあげるねえ。」

 

ぐちゅっと遠慮なく、男の太い指がおまんこに入ってきて、ぐにゅぐにゅと動き出した。

 

普段なら、そんな乱暴なことをされたら、痛いはずなのに、愛液でとろとろになっている私のおまんこは、悦びしか感じなくて・・・。

 

フェラチオしていられないくらい、感じまくってしまった。

 

「感じすぎて、お口がお留守になってるよ?」

 

私にフェラチオさせていた男は、しゃぶっていただけの私の口からちんぽを抜くと、私の手に自分の手を重ねて、しごきはじめた。

 

「知香ちゃんのきれいな顔に、俺のザーメン、いっぱいかけてあげる。知香ちゃんに顔射するなんて、感激だよ!」

 

手の中のちんぽががちがちに硬くなって、射精直前なのがわかる。

 

顔射されたくなかった私は、何とかザーメンの直撃を避けようとしたけど、手マンしていた指が、Gスポットをガンガンこすりまくっていたので、動けなかった。

 

「やだっ・・・顔射なんてやだぁ・・・。」

 

人気のないオフィスで3P

 

手マンでイかされながら、顔射されたザーメンを顔から滴らせた私は、ぐったりと床に横たわった。

 

一度、イったのに、全然足りない・・・。

 

自分の顔から強烈に臭っているザーメン臭が、さらにおまんこを疼かせている。

 

「・・・れて・・・。」

 

気がついたら、私はムリヤリ3Pしてきた男達に、ちんぽの挿入をねだっていた。

 

「え?何?きこえないよ。」

 

 

>>人気のないオフィスで3P-2>>