MENU
アダルトグッズのNLS

マンネリ解消に3Pプレイ

3Pしたいと思ったのは、彼女とのセックスがマンネリ気味になったせいだった。

 

俺の前で他の男に抱かれる千尋がどんな表情をするんだろうって想像するだけで、ちんぽが勃起してしまうから、3Pすることにした。

 

親友の直樹を3Pに誘うと、やたらと喜んでいた。

 

千尋とヤれるのも、3Pも直樹的には嬉しいらしい。

 

3Pしようなんていっても、千尋がいいっていうわけないから、俺は千尋の酒に誘淫剤を混ぜた。

 

千尋の頬が赤く染まり、とろんとした目で俺をみつめながら、口を開きかけたとき、直樹が俺の部屋に入ってきた。
千尋は体をもじもじさせていたが、我慢しきれなくなったらしく、フラフラとトイレに行った。

 

俺達は足音を忍ばせて、トイレのドアの前で耳をすませた。

 

マンネリ解消に3Pプレイ

 

「はあ・・・くちゅ・・・んんっ・・・なんでこんな・・・。」

 

千尋はオナニーしているらしい。

 

俺はトイレのドアを開けた。

 

「オナニーするなら、鍵くらいかけろよ。」

 

「恭平・・・直樹くんまで・・・恥ずかしいよぉ・・・。」

 

パンティを足首までおろしたままの千尋の両手をつかんで立ち上がらせ、トイレの外に連れ出した。

 

「オナニーするくらいなら、俺達にヤりたいっていえばいいのに。」

 

「だって、直樹くんの前でそんなこと・・・。」

 

マンネリ解消に3Pプレイ

 

「おまんこ、こんなにぐちゅぐちゅにして、オナニーしてたんだから、もう恥ずかしいことなんてないだろ。」

 

千尋を後ろから抱きかかえるようにして、俺は千尋の両足を開いた。

 

「千尋ちゃんのおまんこ、すごいことになってんねー。」

 

直樹が千尋のおまんこを指でちゅくちゅくといじりながら、羞恥で真っ赤になっている千尋の顔をみた。

 

「俺とセックスするときより濡れてるんじゃないか?乳首もこんなに硬くなってこりこりしてるぞ。」

 

俺は千尋の服の下に手を入れて、乳首を指でしごいた。

 

 

マンネリ解消に3Pプレイ

 

「やっ・・・恭平・・・いやぁ・・・。」

 

「いいじゃん。このまま、3Pしようぜ。」

 

千尋の耳元でささやきながら、俺は片手をクリトリスに伸ばす。

 

「ああっ・・・ダメぇ・・・もう・・・。」

 

千尋はぐったりとして、俺に体を預け、快楽を追い始めた。

 

「おまんこに指入れちゃうよ?うーん。狭くて熱いね。」

 

直樹は千尋のおまんこに指を入れて、激しく手マンした。

 

マンネリ解消に3Pプレイ

 

じゅくっじゅくっとおまんこがいやらしい音を立てるたびに、千尋の口から甘いあえぎ声がもれる。

 

「直樹の手マン、そんなに気持ちいいんだ。俺の手マンとどっちがいい?」

 

「ん・・・あんっ・・・恭平だよぉ・・・。」

 

はあはあと荒い息を吐きながら、千尋が答える。

 

「えー、ショック!じゃあ、止めちゃおう。」

 

おまんこから抜いた直樹の指は千尋の愛液がべっとりとついていた。

 

「あーあ、直樹かわいそー。」

 

俺が責めると、千尋は直樹に謝った。

 

「んー、口だけじゃ、謝られた気がしないな。俺のちんぽ、フェラチオしてくれるなら、許してあげるよ。」

 

 

マンネリ解消に3Pプレイ-その2 >>

 


アダルトグッズのNLS